海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
スポンサード リンク
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本の変わった迷信10個」海外の反応

 

今回は迷信についてです。
動画では日本にある10個の迷信が紹介されています。

・しゃっくり100回すると死ぬ
・4階がない
・塩をまく
・くしが壊れる、サンダルの鼻緒が切れる
・夜に爪を切る

・夜に口笛を吹く
・お酢を飲むと体が柔らかくなる
・てるてる坊主
・手が冷たい人は心が温かくて、手が温かい人は心が冷たい
・へそのゴマを取るとお腹が痛くなる





TOP 10 WEIRDEST Japanese Superstitions!




・ここにある全部の迷信は私が住んでいるカンボジアのような東アジアに当てはまるよ。


・イギリスでも手が冷たい人は心が温かくて、手が温かい人は心が冷たいと言うわ。
私はカナダ人で子供のときに言われたの。
両親はイギリス人とアイルランド人なんだけど。


・爪についてのことだけど、食後や夜には爪を切ったことはないわ。
ヨーロッパに住んでいて、こんな迷信が存在していたなんて知らなかったけど、その時間帯に爪を切るのは好きではないの。


・しゃっくりは死ぬ原因になることもあるというのは、それほどおかしなことではないよ。
正確に100回数えるのはすごく面白そうだけど。


・12歳くらいのときにへそのゴマを見て汚いと思ったから、きれいにしたんだけど、死んでしまうのかな?


・へそのゴマはちょっと汚いと思うけど?間違っている?


・マジで自分のへそをチェックしてみたよ・・・。


・フランスでも靴ひもが切れるのは不吉だというのがあるし、数字の4はよくある普通のものだよ。


・ポーランドでも手が冷たい人は心は温かいって言われているよ。


・ヘビが来るのかよ・・・夜に。


・日頃からお酢を飲んではダメだよ。
食道が荒れて癌になる可能性があるから。


・手が冷たい人は心は温かいというのは何度も聞いたことがあるけど、由来はどこからなのかと思うわ。
ドイツでもそういうのを言われているから。


・アパートの4階に住んでいるんだけど・・・。


・サンダルの迷信は下駄から由来していると思ったけど?
下駄の鼻緒が切れたら、足首をひねるから、それが不吉だということになるだろうからね。


・イギリスでは何でもお酢をかけるぞ。どの食べ物にもね。
フライドポテトやトーストにもかけるし、お酢はどこにでもあるんだ。
誰も体が柔らかくないし、90%の人は丸太のように体が硬いぞ。


・アメリカにもホテルは13階がないからね。
形の上では、そうやっているんだけど、12階、14階、15階ってなるんだよな。






ワードプレスで開始するまで思っていた以上に設定に時間がかかりました。
何とか記事が見れるところまでできたのですが、まだまだ微調整が必要です。
livedoor相互RSSがSSL化していないから、別のRSSをいろいろと設定していたとき、1月31日に「SSL化しました」というお知らせがあって、慌てて設置し直したりとか。

 
スポンサード リンク
 

 

伝統・文化    コメント:9

この記事に関連する記事一覧

コメントは9件です

  1. 匿名 より:

    塩を撒くのとてるてる坊主とへそのゴマほじると腹痛くなるのは迷信じゃないから。
    てるてる坊主が迷信なら酉の市の熊手やクリスマスの靴下だって迷信になるし

  2. 匿名 より:

    蟹を食べてる時無口になるそして手が蟹くさくなる

  3. 匿名 より:

    霊柩車が来たら親指を隠す

  4. 匿名 より:

    血液型性格診断

  5. 匿名 より:

    指が冷たい人は心が冷たい
    島倉千代子の歌で有名

  6. 匿名 より:

    指が冷たい人は心が燃えてるの間違いだった

  7. 匿名 より:

    海外はでべその人多いから臍のゴマはピンとこないのかも?実際気をつけて取らないとお腹痛くなるし

  8. 匿名 より:

    しゃっくり100回で死ぬとか聞いたことない
    それよか血液型占いでしょ
    あるいは血液型性格診断
    すっごい馬鹿ばかしい

  9. 匿名 より:

    『手が冷たい人は心は温かい』がヨーロッパにもあるってことは、元はヨーロッパの古い大国の時代からの言い伝えかもね
    実際的な状況判断からしたら「手の冷たい人」というのは寒い状況でも色々な事を成すために手を使っているということになるし、逆は何もしないで手をポッケにつっこんだままでいる人、みたいに想像できる

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: