海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本にある伝統的な線香花火はこのようにして作る」海外の反応

 

今回は線香花火についてです。
動画では福岡県みやま市高田町にある筒井時正玩具花火製造所で、3代目の筒井良太さんが線香花火を作る上で重要な点を見せながら紹介しています。


 
スポンサード リンク
 



A Japanese Master Craftsman Taught Me To Make Senko Hanabi Fireworks




・とても面白かった。
アニメで数回、この花火を見たことがあるんだけど、どういうものか全く知らなかったからね。


・素晴らしい小さな花火だ。
職場でこの花火に火を付けることができないのは残念。


・この花火が存在していたことに気づかなかった。
見ていて素晴らしいし、正確な技術だよ。


・こういう花火を作っているところを見るのは初めてだよ。
素敵だし、本当に美しい。


・シンプルで美しいけど、手間のかかる花火だね。


・伝統がひっそりと減ってきているというのを聞くとちょっと悲しくなるけど、今ではインターネットによって救えるところが嬉しい。


・職人から昔ながらの技を学べる素晴らしい機会だ。


・5:47のところ、やめろ、俺はヘロイン使用者ではない。


・ネット通販で買うことができたらなあ。
スゴいから。


・よく見る花火のように火花の色を変えることはできるのかな。


・どの国にあろうと関係なく、古い伝統はいつも尊重しているよ。


・この花火は知らなかった。
線香花火だけでも、小さな花火大会みたいだ。


・この線香花火が気に入った。
作るのはすごく単純なんだけど、細かいところまで気を配る必要があるね。


・これを見ていると、さらに日本へ行きたくなる。


・この小さな傑作品を称賛するのに使える言葉がないよ。


・いいね。
材料と紙はどこで手に入る?
自分では紙を巻くのが上手だと思うから。


・素晴らしい。
空に花火を打ち上げて爆発させるだけのものよりも、ずっと良い伝統のものだよ。
守る価値は間違いなくある。


・忍耐力が必要とするみたいだね。


・1箱、たったの600円なのか。
ほしいけど、ちょっと遠すぎる・・・。

 
スポンサード リンク
 

 

伝統・文化    コメント:1

この記事に関連する記事一覧



コメント1件

  1. 匿名 より:

    応援団かなんかでこの工場を見た
    藁に火薬をつける線香花火が九州だけの特殊なものだと
    初めて知った

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント