海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本には折れたバットから箸を作る会社がある」海外の反応

 

今回は箸についてです。
福井県小浜市にある会社「兵左衛門」は折れたバットを箸に加工して販売し、売り上げの一部を植樹や育成をするために寄付しています。


 
スポンサード リンク
 



Why One Japanese Company Is Turning Baseball Bats Into Chopsticks




・嘘を言うつもりはないが、これは天才的だね。
バットを捨てるよりもはるかに良いよ。


・利益を木の植樹に寄付しているところが素晴らしい。


・バット1本から4~5膳作っているといっているけど、きっと彼らならもっと作れると思う。


・箸のデザインも格好いいよ。


・日本人がどれだけ野球を愛しているのかを考えると、これは素晴らしい。


・箸の使い方はわからないけど、1つほしい。


・従来の日常的に使う箸のようには見えないけど・・・?


・興味深い。
より良い地球にするための素晴らしいやり方だ。


・日本人が野球をやっているなんて知らなかった。


・使い古した野球のバットでできた箸はどうなるのかな?
そこから、何が作られるの?


・地球を大切にしている日本を見てみよう。


・あるいは折れたバットは薪として使う。


・折れたバットでできた野球のバットが描かれた箸を買ってみたい。


・コメントの95%は寄付することは良いことだ。
残りの5%は「オバマ」


・それか再生可能な資源として竹材からバットを作る。

 
スポンサード リンク
 

 

伝統・文化    コメント:6

この記事に関連する記事一覧



コメントは6件です

  1. 匿名 より:

    子供の頃落合に折れたバットくれって言ったら、ちゃんとしたバットもろた、そもそも折れたバットがないらしい
    スイングしまくって手がごっつごつになったが、落合の手はやっこいんだよな

  2. 匿名 より:

    どう見ても従来の日常的に使う箸のように見えるけど・・・?

  3. 匿名 より:

    単に野球好きってことだよ

  4. 匿名 より:

    すまんなこれナゴドに行った時に公式ショップに
    12球団分揃ってたから好きな球団のロゴが入ったの買ったが
    既に10年以上ほぼ毎日使ってるわ
    流石にバットのグリップ付近の黒い部分が
    少し剥げたけどまだまだ現役で使えてるほど
    まだまだ長持ちしてて予備の方はまだ開封すらしてないんだ

  5. 匿名 より:

    グリップ部分は滑り止めスプレーやら何やら染み込んでるから、バットの先の方の芯部分しか使えないから1本から取れる膳数が少ないのかねえ?

  6. 匿名 より:

    箸だけでなくいろんなものを作ってるみたいよ。
    箸置きやスプーンの柄、ペン軸や靴べらなど。
    全部を箸に使えるわけではないから少なめなのだと思う。
    あと割れ方も1本1本違うから、細かいヒビが多くて使える部分が取れないというケースも多いかと。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント