スポンサード リンク
 
社会・生活

「日本とドイツでコロナウイルスが人から人へ感染」海外の反応

  • コピーしました

今回はコロナウイルスについてです。
日本で武漢への渡航歴がない奈良県在住60歳代男性の感染が確認されました。
この男性は武漢からの観光客を乗せたバスツアーの運転手を務め、そのときに感染したと見られています。

また、ドイツでも中国へは渡航していないバイエルン州の男性33歳が同僚の中国人女性から感染が確認されました。
この中国人女性も感染していて、両親の住む武漢地区に訪れていたということです。


 
 






翻訳元
Japan and Germany confirm patients who caught coronavirus did not visit China



・これは世界規模の伝染病を引き起こすための中国の予行演習だと思う。


・これは怖いな。
症状が出てない人から簡単に感染が広がっているようだから。


・中国の発表している数字はごまかしているから、常に警戒している。


・みんな自分たちの顔に触れるのはやめる必要があるね。


・あまりにも感染の拡大が早すぎて逆にパニックになっていない?


・中国からの旅行を禁止にしたほうがいいだろうし、中国人を見たら反対方向に行ったほうがいいかも。
それをやる理由があるのだから、人種差別ではない。


・なぜいつも日本とドイツなの?


・このウイルスがどれだけ発展するのかすごく興味深い。


・私の中の一部は化学兵器の実験のような気がする。


・どうしろと?
中国国民や観光客は最初に感染者が報告されて以降、ウイルス検査はずっと素通りだったことを考えてみろ。


・僕はビジネスで来るたくさんの中国の客を受け入れるホテルで働いているんだけど。


・第三次世界大戦は起きなかったのに、この新たなパンデミックのせいで人々は怒っている。


・飛行機に乗るより車で帰宅したほうがいいということを考え始めた。
これは広がるぞ。


・手を洗い、自分の後片付けは自分でするんだ。


・僕にとってはコロナウイルスはとても危険だよ。


・中国と中国国民を世界規模で隔離するときが来た。


・中国の工場はこのことをどう考慮してるんだろう?
商品を他国へ輸出する影響はどうなの?


・感染のリスクがなくなるまで、一時的に入国を禁止にするのは可能なの?
それを実施するのはすごく難しいのはわかっているけど、多くの人に旅行に行くのをやめさせたい。


・武漢ウイルスという名前に変えたほうがいい。


・バイオハザードというゲームを聞いたことがあるか?


・これは驚くことなの?
中国人だけが感染すると思っていたのか?
最終的には、こうなるだろうと思われていたことだし。

 
 
 
 
  • コピーしました

コメントは19件です

  1. 匿名 より:

    なぜいつも日本とドイツなの?

    単純に中国人がめちゃくちゃ来るからだろうな。

  2. 匿名 より:

    自体が収束するまで職を探すのはやめとこう

  3. 匿名 より:

    いやだなあ
    お年寄りとか肺炎なんて本当に命取りだし

  4. 匿名 より:

    他国に迷惑をかけておいて収束したら、中国は知らんぷりするんだろうな。
    そして被害者コスプレを始める大朝鮮だろ。忖度やめろよ。

  5. 匿名 より:

    たぶん他の国でも高次感染は起こってると思う。
    検査体制の整った先進国だから確認が早かった。

  6. 匿名 より:

    そして中国人のせいで日本人も避けられはじめる。

  7. 匿名 より:

    日本国内のヒトヒト感染は1/8~12だからな
    世界が新型コロナウイルスを認知した時は既に
    12月の武漢での感染拡大を隠蔽した中国政府によって
    中国国外まで感染拡大してたって事

  8. 匿名 より:

    挨拶でキスをしたり頬をくっつける国は気をつけてな

  9. 匿名 より:

    ・武漢ウイルスという名前に変えたほうがいい。

    武漢肺炎という言葉がすでにある

  10. 匿名 より:

    武漢周辺で封じ込められるか中国で封じ込められるかだが
    世界的流行になる可能性も30%はあるのでは

    世界的流行になるとインフルエンザみたいに
    初年度は多くの死者が出て同時に免疫が獲得されて
    翌年以降は減少するが根絶はできないで推移する

  11. 匿名 より:

    普通に感染力が強い。

  12. 匿名 より:

    謎の忖度による情報伝達の遅れ。
    結局、大問題になって上からにらまれる。
    すでに忖度した者達は・・・

  13. 匿名 より:

    そりゃあドイツと日本なら新薬開発してくれそうだからな。患者を送り込んで感染させて特効薬が出来上がる。
    コストゼロで手に入れる。
    チャンコロ頭良い。
    (てか、特亜って自力で解決できない問題起きると必ず日本を絡ませてくるよね。絶滅させようぜ!)

  14. 匿名 より:

    ドイツのニュースは日本でやってないよな。

  15. 匿名 より:

    イギリスにも感染と思わしき患者がいるらしいぞ?
    あの国の事だから月末のBrexitと時期が重なるし、余計な混乱防止の為に意図的に隠しているのかも知れないがな…

  16. 匿名 より:

    封鎖前に各国に散らばった中国人によって隠れ感染者は多いだろうけどこのウイルス、自覚症状が出にくいってのが一番の問題だろ。
    潜伏期間は10日程度でその間普通に過ごせるし、病状が出ても関節痛程度の人までいる。自覚無いままどれだけの人間に接触するか・・・

  17. 匿名 より:

    >・なぜいつも日本とドイツなの?

    何言ってんだこのバカは?
    いつもは韓国だろ…

  18. 匿名 より:

    日本人とドイツ人だけが真面目に検査してるからだろ。他国も既に掛かってるよ

  19. 匿名 より:

    日本は春節大移動で大量に中国人が入って来てたってのも有るが
    日独とも検査体制がちゃんとしてるから発見が早いだろう。
    変調わ感じて医者に行ってから診断を下す迄に数日掛かる程発症が分かりにくいようだから
    適当に流す国では診断出来てない可能性も有る。
    インフルですねとかただの風邪で心配ないで済ませてる所も有るだろう。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「サッカーカタールW杯の第3戦で日本がスペインに2-1で勝利で決勝トーナメント進出!」海外の反応
  2. 「サッカー日本代表のスペイン相手に2点目を奪った場面でボールはゴールラインを割っていない」海外の反応
  3. 「日本人はサッカーでクロアチア戦に敗北した後でも振る舞いは変わらない」海外の反応
  4. 「日本のサッカーファンはスペイン戦の勝利後でも継続して掃除をする」海外の反応
  5. 「サッカーカタールW杯の決勝トーナメント1回戦で日本はクロアチアにPK戦の末に敗れる」海外の反応
  6. 「日本では道路上の雪を溶かすのに温かい地下水を撒くスプリンクラーを使っている」海外の反応
  7. 「日本のファストフード店にはスマホを除菌できる手洗い場がある」海外の反応
  8. 「機会があったら日本のお店で流しそうめんを食べてみたい?」海外の反応
  9. 「日本では飲食店のテーブルで意識を失ってはいけない・・・」海外の反応
  10. 「サッカー日本代表がドイツに勝利した後の渋谷スクランブル交差点の様子はこうなっていた」海外の反応
  11. 「日本のサッカーファンに試合後にスタジアムの掃除をするのはなぜなのか聞いてみた」海外の反応
  12. 「サッカー日本代表はドイツ戦勝利後にロッカールームをこのような状態にして離れていった」海外の反応
  13. 「サッカーカタールW杯の第2戦で日本はコスタリカに0-1で敗北」海外の反応
  14. 「日本のゲームイラストレーターの1日の生活はこのようになっている」海外の反応
  15. 「日本の今年の出生数が最も少なかった去年よりもさらに少なくなっている・・・」海外の反応
  16. 「中村俊輔のセルティック時代のプレー集を見てみよう」海外の反応
  17. 「日本とイギリスは全く同じ国である?」海外の反応
  18. 「サッカーカタールW杯の初戦で日本がドイツに2-1で勝利!」海外の反応
  19. 「日本で財布を50回落としてみたらどうなるのか見てみると・・・」海外の反応
  20. 「日本の歌を聴いて、その歌詞の意味を知ったとき・・・」海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング