海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「甲冑師になりたい日本の小学生はこれほどの情熱がある」海外の反応

 

今回は日本の小学生についてです。
甲冑師になりたい小学4年生の齋藤禅くんが作った衣装や道具、普段からしている服装や憧れの人にあったときの様子が紹介されています。


 
スポンサード リンク
 






翻訳元
Whether it's samurai or ninja, this elementary-schooler handcrafts costumes straight out of the pages of a Japanese history book!



・良い子だ、自分の夢に生きるんだ。


・あの真田幸村の甲冑は素晴らしい。


・世界は彼のような情熱のある人が必要だ。


・夢があるのを見れてすごく良かった。
お利口な彼が気に入ったわ。


・幼い年齢で彼は、なりたいものが何なのかわかっていて、そのために努力しているんだね。
スゴい子供だ。


・実際に彼には才能があるよ。


・若い世代が伝統を続けているところを見れたのが素晴らしいわ。
彼の成功を祈るよ。


・これは子供だったときの僕だ。


・すごく可愛い。
きっといつの日か橘さんが作ったような甲冑を作れると思うよ。


・僕も子供のときは忍者になりたかったよ。
ダンボールや紙で手裏剣を作っていた。


・自分の国の文化を愛する素晴らしい子供だ。
僕の国の子供たちも彼を手本としてまねをしなければならないかも。


・こういう子供になりたいなあ。


・両親は嬉しいだろうね。
ほんのわずかな子供しか自分の国の歴史に興味がないし、あんな風に行動をすることもないから。


・文化、歴史、職人技を存続させるのはこういう子供だね。
目標の人が見れたのは最高だろう。


・この子供は本物の侍の生まれ変わりだ。

 
スポンサード リンク
 

 

社会・生活    コメント:3

この記事に関連する記事一覧



コメントは3件です

  1. 匿名 より:

    高校上がる頃には、親の金盗んでスマホゲーに
    課金しているに1000ペリカ

  2. 匿名 より:


    自分がそうだったからなんだね。可哀そうに

  3. 匿名 より:

    自分がやりたいことを小さい頃からこれほど明確に持てていることが凄く羨ましい。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント