海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

『ホンダ新型「パスポート」が約17年ぶりに販売』海外の反応

 

今回はホンダのパスポートについてです。
2002年に生産終了していたパスポートですが、約17年ぶり復活し、動画ではパスポートの内部や外装などが紹介されています。
*アメリカでの販売で価格は3万1990ドル~


 
スポンサード リンク
 



The 2019 Honda Passport Is Honda's "Rugged" New SUV




・こういうタイプの車は大好きか大嫌いかのどちらかだな。


・後ろの部分は昔のエクスプローラーをちょっと思い起こさせる。


・白色の車体はとてもいいよ。
残念ながら、僕の国でパスポートは手に入らないけど・・・。


・ホンダで働いているけど、これはパイロットそのもので違いがないよ。
ワクワクするところが全くないし。


・温度調整のやつは自分の車にほしいな。
どの時期にも関わらず、3度ほど温かく測定してしまうから。


・フルサイズのSUVを作るべきだった。


・昔のパスポートのほうがいい。
いすゞだから。


・ホンダは7年くらいずっと黒いホイールを使っているな。


・横から見ると2×4インチの木材で作ったように見える。


・パスポートという車を聞いたことがなかった。


・カッコいい乗り物なんだけど、とても高いな・・・。


・ホンダのエンブレムを使っていすゞが初代パスポートを作ったから、ホンダかパスポートを復活させるのはショックだな。
いすゞ・ロデオとしても知られているし。


・電気自動車ではないの?
全然良くない。


・あのエコボタンは恥ずかしいな。






16:54に出ているキャラクターのところで、astronaut(宇宙飛行士)ではなくASIMO(アシモ)だというコメントも。

 
スポンサード リンク
 

 

機械・装置    コメント:4

この記事に関連する記事一覧



コメントは4件です

  1. 匿名 より:

    やっぱり日本の自動車はすごいなあ
    朝鮮人として羨ましい
    朝鮮人の自動車はただ安いだけ
    経済も崩壊中で未来がない

  2. 匿名 より:

    外人には勿体ないね

  3. 匿名 より:

    RVもう見飽きた。いつまで続くんだか。
    どのメーカーにもうんざり

  4. 匿名 より:

    「RVは好き。でもこういう形は好きじゃない」と感じつつ、今では「何にでも使えそうで実は何にも使えない」そういう印象を持つに至る。ドライバー=陸サーファー、的な。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント