海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本の高値で取引される観賞用の錦鯉はこのように育てている」海外の反応

 

今回は錦鯉についてです。
広島県三原市にある「阪井養魚場」の阪井健太郎さんのところにいる錦鯉で、どのような特徴があり、どう育てているのかなどが紹介されています。


 
スポンサード リンク
 



Japan’s King of Carp Breeds Million Dollar Koi Fish




・鯉がすごく高いとは知らなかった。


・中華街にある池で見かける魚と全く違う。


・魚を作るためだけに、そんなにたくさんのことを・・・。


・オハイオ州のクリーブランドで鯉に5万ドルを払った友達がいる。
のめり込んでいるよ。


・ここの魚たちは世界人口の99%の人たちよりも良い生活をしているね。


・1匹200万ドルの魚を買う人がいるのか?!


・錦鯉は美しいけど・・・なぜ?


・ペットスマート(アメリカのペットショップ)がこの鯉を育てているところを見たら、この男性は心臓発作を起こしてしまうだろうな。


・錦鯉は4色の色だけなのか?


・鯉の模様が大好き。
鯉は最も素敵な魚だからね。
日本の生産者は真面目にやっているし、なぜなのかわかるよ。


・とても大切に扱われているところを見れて嬉しいよ。
幸せそうな魚たちだ。


・今、錦鯉はどういう味なのか興味がある。


・世界中にいる他の魚たちは羨ましいだろうなあ。


・僕にとっては、錦鯉は単なる食べ物さ。


・きれいな魚だ。
日本の水はいつも澄み切っているね。


・金持ちはすごく金があって退屈しているから100万ドルで鯉を買うんだよ。


・ついcrap(クソ、ゴミ)と読んでしまう。

 
スポンサード リンク
 

 

伝統・文化    コメント:0

この記事に関連する記事一覧



コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント