海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「東京にある遺失物センターはこのように機能している」海外の反応

 

今回は遺失物センターについてです。
動画では東京にある警視庁遺失物センターを中心に、落とし物を見つけたときに最初に届ける場所、落とした現金の返還率、変換率の最も低いものなどが紹介されています。


 
スポンサード リンク
 



How Tokyo’s Massive Lost & Found Works




・自分の幸せを失くしてしまったんだけど、見つけてくれる?


・この動画を見ていると、こち亀という漫画を思い出すよ。


・これが上手くいくのは日本だからだろ。


・ブラジルでは警察に届けたら、警察の所有物となり、所有者はそれを2度と見ることはない。


・忘れ物の商品を扱うお店を開いたほうがいいね。
安い傘を買いに行ってみたい。


・高信頼社会だからね。
多様性の低さが鍵となっている。


・日本でいつも良いことが起こるのはなぜだろう?


・誠実さは本質的には封建時代の美徳さ。
アメリカのような資本主義の社会には存在しない。


・日本は多様性は強みでないことを証明しているね。


・その一方で欧米の世界では落とし物は拾い得と教えている。


・日本で何かものを落としたら、遺失物取扱所で見つけることができるよ。


・アメリカとは真逆だな。
全てジョージ・フロイドの名のもとでやっている高い窃盗率だから。


・古い傘はホームレスの人にあげたほうがいいだろう。
もちろん、傘が長期間、残されたものをだけど・・・。


・緑色の傘を全部買いたいよ。


・ロスアンゼルスやニューヨークにあるような遺失物取扱のシステムはホラー映画のようなものだぞ。


・こんなにもたくさん傘があるのなら、雨の日に配ったほういいだろう。


・山手線でバッグを忘れてしまったけど、戻ってこなかった・・・。
みんな運が良いわけではない。


・学校にある遺失物取扱所のようだけど、それが都市全域で実際に機能している。

 
スポンサード リンク
 

 

地域    コメント:0

この記事に関連する記事一覧



コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント