海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「1862年当時の日本人が見たヨーロッパはこのような日常だった」海外の反応

 

今回は歴史についてです。
「1860年当時の日本人が見たアメリカはこのような日常だった」海外の反応ではアメリカのサンフランシスコのことでしたが、2年後の1862年にヨーロッパに渡り、動画ではフランス、イギリス、オランダ、ロシアを中心に紹介されています。


 
スポンサード リンク
 



First Japanese Visitor Describes European Life // 1862 Tokugawa Embassy (post Sakoku) Primary Source




・この男を今の時代に連れてきて彼の反応を見てみたい。


・今日の諭吉は紙幣として世界各地を回っているよ。


・当時、ポーランドが存在していなかったのが悲しい。
彼がポーランドをどう言うのか聞いてみたかった。


・彼にはイタリアへ行ってほしかったとちょっと思った。


・第1次世界大戦が始まる50年前に、その日が来ることをわかっていたのか?
スゴいな。


・トイレの話がとても面白い。


・この当時の外国人でさえ日本に住んで働きたかったんだね。


・予想していた通り、最高だった。
面白さと洞察力の両方があるよ。


・とても頭の柔らかい人だね。
時代を先取りしている。


・この時代から日本人の考え方はこうであると示している。


・ロシアに一度も定住しなかったことは良かった、ハッハッハ。


・もし当時の日本に彼のような男が多くいたら、1910~1945年にあった全てのことを避けることができていたかも。


・世界がこの男たちによって統治されていたら、今、暮らし向きが良くなっているだろうに・・・。


・日本人:この場所は変わっているな。
ヨーロッパ人:こいつらは変わっているな。


・彼が現在のアメリカ、イギリス、ヨーロッパを訪問したらどう思うのか。


・今、ロンドンの通りで侍の格好をした人を歩いているところ見たらかなり驚くと思うし、それが1862年ならなおさらね。


・歴史は不思議でいっぱいさ。

 
スポンサード リンク
 

 

歴史    コメント:3

この記事に関連する記事一覧



コメントは3件です

  1. 匿名 より:

    こう見ると、欧米は殆どが戦勝国なのに、何故ここまで退化してんの?ww
    特にアメリカとイギリスww

  2. 匿名 より:

    アメリカイギリス大好き

  3. 匿名 より:

    こう見ると、欧米は殆どが戦勝国なのに、何故ここまで退化してんの?ww
    特にアメリカとイギリスww

    結局アメリカについていたかどうかだけだからな
    アメリカのペット(中国)まで戦勝国扱いになってる

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント