スポンサード リンク
 
歴史

「ホンダはどのようにして大企業になったのか?」海外の反応

  • コピーしました

今回はホンダについてです。
動画ではホンダはどのようにして大企業になったのかを創業からの歴史が紹介されています。


 
 



How BIG is Honda? (They Make Jets!)




・テスラに対抗できる唯一の会社はホンダだけだと思う。


・ホンダのバイクは長期的な信頼性があるから、インドでとても愛されているよ。
アクティバが最も売れているスクーターさ。


・CVCCのエンジンを見つけるのが難しくなってきたんだよな・・・。


・本田宗一郎がこれほど素晴らしい人だったとは知らなかったよ。
尊敬する偉人の1人になった。



・“成功は99%の失敗から”この言葉は胸にグッとくるわ。


・ホンダの車を運転しているけど、一度も壊れたことがないよ。
見た目は最高ではないけど、そんなの気にしないからね。
信頼性がほしいから。


・ホンダはバイクよりも車により重点的に取り組むだろう。


・パキスタンのバイク市場ではホンダが部品の品質の高さにより優位に立っているからね。
僕は今週、125ccのバイクを買ったよ。


・子供のときからずっとホンダのバイクを乗っているよ。
信頼性が抜群に良いからね。
CB100、C70、GL125、Vario 110がそうなんだけど、ホンダの大部分は四輪駆動車だというのが、がっかりなんだよな。


・素晴らしい会社ではあるけど、電動船外機は失敗だったからなあ。


・ホンダは三菱の部品も使っているよね?
電子部品のほとんどは三菱のものだし。


・家族で3台のホンダのアコードを所有していて、そのうちの2台は10年以上経っているんだけど、今でも素晴らしい走りをするよ。


・1982年からホンダのアキュラだけをずっと運転しているよ。
僕の2人の子供たちもホンダ以外は運転しないしね。


・世界の中でも素晴らしい会社さ。


・最初は人で、次は機械なんだ!


・プレリュードVTECを持っているよ。
スリーパー(外見は普通で中を改造している車)のようなもので、最近は、それが何なのかというのを知っている人はいないと思う。


・けど、ホンダは、この数年間、F1でマクラーレンを弱くした・・・。

 
 
 
 
  • コピーしました

   歴史   19

コメントは19件です

  1. 匿名 より:

    排気ガス規制は日本叩きだったと思ってたんだが?
    そのまま日本車だけに重い規制をかけた結果
    日本車の高性能エンジンが実現し
    燃料バカ食いのアメ車は進歩せず今に至るわけだろ?
    ありとあらゆる嫌がらせをかいくぐって来た結果
    日本車は壊れにくくコストパフォーマンスに優れているわけだ、そして自ら規制した壁もクリアできないのが傲慢なアメリカ。

  2. 匿名 より:

    空冷に拘ってエンジニアと対立した挙句、潮時を悟って身を引いたエピソードが好き

  3. 匿名 より:

    最後のコメントは逆だな。
    マクラーレンがホンダを弱くしたが正解。
    答えは今シーズン出るだろう。

  4. 匿名 より:

    マwクwラwーwレwンw

  5. 匿名 より:

    この冬はホンダの除雪機が大活躍だった。余り良い事態じゃないんだが、それでも何とか乗り越えられた。
    数日前バッテリー外して今期の役割を終えた。

  6. 匿名 より:

    ホンダが世界企業に成れたワケ?
    ・・・藤沢武夫が居たからだ、ただそれだけの事

  7. 匿名 より:

    WGPで50㏄125㏄250㏄350㏄500㏄の全部イタリアのMVアグスタがタイトルを持っていた。「我々のタイトルが破られるまでレースを休場する」と撤退した翌年に全部の排気量でホンダがタイトルを塗り替えた話が好き。

  8. 匿名 より:

    ホンダが抜けたマクラーレンも酷いけどな。今のホンダは順調だし

  9. 匿名 より:

    CVCCエンジン見つからないってまさか
    まだシビックCVCC乗ってるって話か
    たしかに北米でもすげえ売れてたけどさ

  10. 匿名 より:

    芝刈り機から飛行機まで作れるのは凄い
    三菱グループと違って一蓮托生
    そこが結局三菱との差になってるな
    三菱は文系脳のサイコパスだわ

  11. 匿名 より:

    60年代、自動車の輸入自由化されるとき、日本のメーカーが多すぎてとても欧米と対抗できないと通産省は考えていた。だから数社に統合させようと画策していたときに本田宗一郎は四輪車に打って出ようとした。それを知って通産省はバカかと激怒してやめさせようとしたが、宗一郎は国の方針に頑として逆らった。そして成功させた。このエピソードは好き。

  12. 匿名 より:

    ホンダは、粗悪な中国製バイクを、
    日本国内で、高値で売りさばいた、極悪業!!!!!!!!!!!!!!

  13. 匿名 より:

    100万円以上の、スポ−ツバイクの部品も、
    中国で製造してるんだぞ。

    ヨシムラのチューニングパクリ、素知らぬ顔。
    最低最悪の企業。

  14. 匿名 より:

    技術者「しかしこの不良はごく低確率でしか発生しないもので・・・」
    本田宗一郎「バカ野郎!それを買ってしまった人にとっては100%だ!」

    この話好き

  15. 匿名 より:

    >排気ガス規制は日本叩きだったと思ってたんだが?

    今のトランプによる鉄鋼やアルミへの関税といい、アメリカ人は自分の国の産業を改善させると言う思想がないからな

    本来ならばどの国でも使われるように考慮するんだが、
    アメリカの場合は自分たちのやり方を他国に押し付けることを
    長年やってきたから企業はどんどん衰退した
    今や自慢のサービス業や兵器産業もヨーロッパや
    日本と共同開発しないとやっていけないくらいになった

  16. 匿名 より:

    わいの20万キロ乗ったシビックはセル壊れたしラジエターも壊れたなぁ…まぁこれらは消耗品か

  17. 匿名 より:


    おう!まだまだ走るじゃないか!!
    やっと慣らし運転が済んだじゃないか!これからだ!

  18. 匿名 より:

    今やホンダのバイクは、故障が多いので有名。

    ヤマハやスズキを、見習え!

    宗一郎さんが亡くなってからは、魅力なし!

  19. 匿名 より:

    新型NSXがアメリカ製なのが、ガッカリだ。

    どうせ、買えないけど。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「大谷が2試合連続となる8号2ランを放つ」海外の反応
  2. 「大谷が日米通じて初の満塁本塁打を含む2打席連続本塁打」海外の反応
  3. 「日本語の表記体系は簡単に言うとこうである」海外の反応
  4. 「大谷が日本人最速でメジャー通算100号となる7号2ラン」海外の反応
  5. 『ソニーが新型スマホ「Xperia 1 IV」を発表』海外の反応
  6. 「日本のセブンイレブン店内にあるアイスコールドコカ・コーラ専用の自動販売機はこう使う」海外の反応
  7. 『ソニーがノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」を公開』海外の反応
  8. 『スバルは「サンバーディアス」というバンを出していた』海外の反応
  9. 「日本が超大国になれなかったのはなぜだろうか?」海外の反応
  10. 「日本のとある解体予定のボウリング場でやりたい事をやる」海外の反応
  11. 「日本とロシアの軍事力をそれぞれ比較してみた」海外の反応
  12. 『当時の日本の戦闘機「零戦」はこのようになっていた』海外の反応
  13. 『ビクターのラジカセ「RC-M90」を模した「M90 MINI」と「M90 Micro」のBluetoothスピーカーがある』海外の反応
  14. 「日本とイギリスは全く同じ国である?」海外の反応
  15. 「大谷が6回1安打無失点で今季初勝利、6回1死までパーフェクト投球」海外の反応
  16. 「日本主導のCPTPPにイギリスが加入を正式申請」海外の反応
  17. 「日本の戦国時代に弥助という黒人侍がいた」海外の反応
  18. 「当時、日本はどのようにして誘導装置なしで人口衛星を軌道に投入したのか?」海外の反応
  19. 「ドラゴンボールで悟空はこんなに重い服を着ていたのか・・・」海外の反応
  20. 「もしアメリカが日本に原爆を使わなかったら、どうなっていただろうか?」海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング