海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本の最先端技術なら3Dプリンターで寿司を作れるのか」海外の反応

 

今回は3Dプリンターについてです。
日本の広告代理店の電通を中心としたプロジェクト「OPEN MEALS」が3Dプリンターを使って寿司を作っているところが紹介されています。


 
スポンサード リンク
 





翻訳元
You could enjoy 3D printed sushi at this restaurant soon.


3D-printed sushi anyone?



・これが日本にあるのなら、行って食べてみたい。


・たとえ、この料理の作り方を知らない私でも、働けるところだと思うわ。


・3Dプリンターでは家を作れるし、今だと食べ物も作れるんだね。
次は何だ?
ロボットに依存していないとは言えないな。


・食欲が湧かないんだけど。


・なぜなのかと思ってしまったけど、食べられるものだと気づいたときは驚いた。


・自然の食材を使っているというのもあるね。


・この機械はご飯と海藻類だけしかくれないだろう・・・。


・大好きな食べ物とロボット工学が合わさったものだ。


・マインクラフトのようだけど、寿司なんだね。


・質問なんだけど・・・これって体に良いの?


・すごくクールだけど、変わっているものでもある・・・。


・スタートレックに登場する初期の装置「レプリケーター」だ。


・すごいわ、何という時代に生きているんだ、ハッハッハ。


・昔ながらの伝統的な作り方のほうが好きだな。
これは工業用の寿司という感じだから。


・食べられるのなら何の問題もないさ。


・けど、寿司の食感は変わっているだろう・・・。

 
スポンサード リンク
 

 

機械・装置    コメント:1

この記事に関連する記事一覧



コメント1件

  1. 匿名 より:

    チョンツーかぁー

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント