海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本の戦国時代に弥助という黒人侍がいた」海外の反応

 

今回は戦国時代についてです。
動画では織田信長に気に入られて家臣となった黒人の弥助について紹介されています。


 
スポンサード リンク
 



Yasuke: Story of the African Samurai in Japan





・織田信長は階級や人種を気にしない、能力、腕前、忠誠心を大切にする唯一の大名だったのかも。


・仁王(Nioh)のゲームをしていたときに、初めてこの弥助というのを聞いたんだ。
ゲーム内で倒したときに調べなけばと思ったからね。


・彼は最初の日本人オタクかも。


・素晴らしい話で美しかった。
日本人の真の心を表しているし、彼を奴隷にせず、平等に見ていたのだから。


・織田に仕えたという名誉と共に死んだんだね。


・5:42のところで、信長が黒人にとうとうプロポーズをしたのかとマジで思ってしまった。


・アフリカ人は身体的な能力の点で東アジア人よりも優れたことができるからね。
すごく驚いた。


・侍として外国人がいても大きな驚きはないだろう。
多くの中国人や少数の白人や黒人が歴史の中で侍として記録に残っているのだから。


・どの信長の話の中でも彼のことを聞いたことがなかった・・・。
新たなことを学ぶのはいつも嬉しいことさ。


・アフロサムライを現実のものにしたのかよ?
*アフロサムライはGONZO製作のテレビアニメ


・正真正銘の伝説の黒人の侍だ。


・最後はどうなろうと、波乱万丈だったな。


・素晴らしい、知らなかった。
新しい歴史のことを聞くと良い気分になるよ。


・サムライジャックがいるし、サムライブラックもいるのか。
*サムライジャックはアメリカンのテレビアニメ。


・弥助の映画を見てみたい。

 
スポンサード リンク
 

 

歴史    コメント:16

この記事に関連する記事一覧



コメントは16件です

  1. 匿名 より:

    弥助も忍者と同様、尾ひれがついて出回ってしまったなぁ。サブカル界に猛省促す。

  2. 匿名 より:

    多くの中国人ってなんだ?中国人の書き込みか?

  3. 匿名 より:

    >織田に仕えたという名誉と共に死んだんだね。

    弥助は織田の武士として死んだわけじゃないけど
    光秀に捕らえられ解放された後のことはよく分かってないしね。多分、また宣教師の奴隷に戻されたんだと思うけど、国外で自由に生きていたらと思う
    その後の弥助を描いた作品だと、桃山ビート・トライブって小説がいい感じだった

  4. 匿名 より:

    黒人 弥助
    白人 三浦按針
    中国人 ???

  5. 匿名 より:

    まあ、長宗我部は元中国人一族ということで…

  6. 名無ち より:

    中国人=鑑真 あ、時代が違うな

  7. ポンポコ戦隊ケモレンジャー より:

    >サムライジャックがいるし、サムライブラックもいるのか。
    俳優のジャック・ブラックとかけてるのかな

  8. 匿名 より:

    このまま夢を見させた方が良いのかねぇ
    実際はお飾りで戦働きしてた記録なんか無いんだけどね

  9. 匿名 より:

    中国人ってのは秦氏の一族じゃないか

  10. 匿名 より:

    秦氏は中国に暫く滞在した後に日本に来た渡来人というだけで中国人ではない。

  11. 匿名 より:

    日本人は白黒黄色等気にしない、中身を見る。
    いくら隣国でも嘘つきのテメーはダメだ!

  12. 匿名 より:

    世界的に見て怒らない日本人を怒らせた韓国人は凄い。
    根絶やし必死。

  13. 匿名 より:

    弥助と坂本竜馬は歴史的に同じ価値

  14. 匿名 より:

    動画内のイラストがツッコミ満載で…
    内容も其れなりなのかと思っちゃう。

  15. 匿名 より:

    >弥助と坂本竜馬は歴史的に同じ価値

    ほぼ無価値ってことはわかったw

  16. 匿名 より:

    まあ苗字帯刀も許されてないしただの荷物持ちだな

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント