海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本が空飛ぶ車の10年以内の実用化を目指す」海外の反応

 

今回は空飛ぶ車についてです。
経済産業省は空飛ぶ車の10年以内の実用化を目指すために、航空機メーカー、自動車メーカー、IT企業などを加えた官民協議会を設立しました。


 
スポンサード リンク
 






翻訳元
Japan teams up with Uber, Boeing, and Airbus to deploy flying cars within a decade(Facebook)

Japan teams up with Uber, Boeing, and Airbus to deploy flying cars within a decade(Reddit)


・10年以内・・・というよりも1世紀以内にだろう。
技術は10年以内でそこまでいくかもしれないけど、規制と安全性がそこまでには無理だろうね。


・無駄なインフラにお金を費やすのはなぜなんだ。
きっとクールなことなんだろうけど、道路上で走る車よりも良いとは思えない・・・。


・90年代後半に同じこと聞いたのを覚えているんだけど・・・。


・夢がさらに近づいてきた!


・10年では無理だ。
これは起こりえない。


・パラシュートを扱っている会社にとっては素晴らしいチャンスだ。


・重力への挑戦だから、誰が勝利するのか見てみよう。


・ドローンを飛ばしたことがあるのか?
ないのなら、やってみろ。
人間がハンドルを握っている限り、なぜ空飛ぶ車がとても難しいものだというのがすぐにわかるはずだ。


・どんでん返しとして、空飛ぶ車ができるころには、その車を走らせるための燃料がない。


・世界は空飛ぶ車を受け入れる準備ができていない。
実際に普通の車を運転できていないのだし、凶器として使おうとするイカれた人間がいるのだから。


・必要ないよ。
すでに下手な(乱暴な)運転手のことを不安に思っているのに、家に空を飛ぶものが落ちてくることを心配しなければならないわ。


・空飛ぶ車は騒音を出すだろうから、生活するのに耐えられない街が出てくるだろう。


・いつか水の中を入れる車を発明することにも重点的に取り組んでくれたらいいけど。


・これは構想を絵にしたものだ。
どれだけのものが現実になったのか、そう多くはないだろう。


・空飛ぶ車は面白いアイデアだけど、こういう車を責任を持って扱える有能な人間は世界にはいないよ。
大混乱になるぞ。


・人間は運転さえも上手くできないのに、車が空を飛ぶことができると思っているのか?
住宅保険に空飛ぶ車の被害を入れたほうがいいだろう。


・我々は長年にわたって空飛ぶ車を持っているだろう。
それを飛行機と言う・・・。


・空中で酔っ払い運転手がどう操作するのか見るのが楽しみ。

 
スポンサード リンク
 

 

科学・技術    コメント:9

この記事に関連する記事一覧

コメントは9件です

  1. 匿名 より:

    日本は物流たいへんなんだよ

  2. 名無しさん より:

    現実的な問題となれば道交法の整理や免許区分が出てきて実現は容易じゃないんだけどね
    飛行可能区間とか着陸可能エリアの設置って難しいよな

  3. 匿名 より:

    実用化ぐらいは10年で行けるよ。たんなる小型飛行機だしね
    商業化にかなり時間がかかるってだけ
    燃料効率とか考えたらしばらくは無理

    たぶんこの協議会で出来上がるのは飛行機の個人ライセンスを取りやすくするとか飛行場の規制緩和とかそんなもん

  4. 匿名 より:

    また経産省が余計なことしようとしてるとしか・・・
    民間に任せて余計な邪魔だけしなけりゃいいんだよ

  5. 匿名 より:

    10年以内に流通させるって言ってるわけじゃなく完成を目指してるわけでしょ

  6. 匿名 より:

    ドローンすら許可なく飛ばせないのにクルマが飛ぶなんてムリ。ただし空飛ぶクルマはホンダあたりがすぐに作りそう

  7. 匿名 より:

    10年間で法整備するって事もあるでしょ
    作っても使えない物が民間で開発するの無理

  8. 匿名 より:

    実用化って言い方は誤解を招くから、実現とかにしたほうがいい
    10年で法整備は無理でしょうな、ITにしても新テクノロジーへの法整備はいつも後手だし
    現物ができてからちんたらやるんでしょう
    そして他国に先を越されると

  9. 匿名 より:

    空飛ぶ車って世界中で開発中、又は、早い所は試作機が完成していて飛行実験中の段階のところもあれば商用としてのプランを提案中だったりしてるんじゃないか?私が書き込んでる情報も古いのですがw
    サムスンが一年位前に2030年に販売?するとか、中国がドバイで1人乗りの小型ヘリコプタースタイル?大型ドローン1人乗り?みたいなのをタクシー配車事業と抱き合わせて売り込むなど、すでに国が動いて市場を独占したり技術で先に進み規格統一する際に優位な立場に立ち主導したいと中国は思ってるはず、この話題は大分前から一般的に流れてる情報だし、欧州や欧米の民間企業が作ったデモ機の写真が飛行訓練してる映像なんかネットで簡単に拾える情報じゃないかな?
    ハイブリッドなのでエンジン音も静か、片道700㎞以上、ドローンのように垂直離陸出来ない仕様ならば専用の離陸道路を作ったり、外国まで飛行するならエアラインの許可など他国との協議、やる事はとても多いが政府は積極的にサポートするべきであり人類の進化、産業革命として当たり前に起こる事でとても大きな産業遺産にますよ
    技術の進化で、その後、飛行する車が成層圏を飛び出し宇宙に

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント