スポンサード リンク
 
科学・技術

『日本の重工業が四脚歩行ロボット「RHP Bex」を開発』海外の反応

  • コピーしました

今回はロボットについてです。
川崎重工業はヤギ型の四脚歩行ロボット「RHP Bex」を公開しました。

可搬重量は100キロで人が乗ることもでき、四脚を使った歩行モードと車輪を使った車輪移動モードの2つがあります。


 
 



Kawasaki’s robot goat designed to ease Japan’s labour shortage due to an ageing population




・これに蹴りを入れたら、倒れそう。


・今度は脇腹にマシンガンとロケットランチャーを装着させな。


・このロボットには杖も必要だろ。


・この設計の問題は高齢者が落ちる危険がある。
その問題に取り組んだほうがいい。


・ロボットの時代にすごく近づいているね。


・本物の動物が同じ仕事をしてくれるのなら、ロボットを開発する必要がない。


・正直言って、何となく使い物にならないだろうけど、面白半分で買うよ。
これで近隣の人たちをビビらせるつもりさ。


・私から見れば、これは実用的ではない。
このロボットは全然安くないし、すでに不足している多くの資源を得る必要があるし。


・車輪のほうが効率的で揺れが少なそうに思える。


・そのうち、馬のロボットを作るだろう。


・どうしてそれが役に立つんだ?
一般的な高齢者がこのおもちゃを買う余裕があると思っているの?


・ボストン・ダイナミクスの劣化コピーのよう。


・ベックスが100マイルで駆けたら、みんな慌てふためく(笑)


・人間の歩行や車輪の付いたロボットよりも遅い。


・安心してこれに乗れなければ、高齢者は信頼しないだろう。


・僕にはあまり役に立たないように見える。
初めからやり直せ。


・日本よ、どうか役立つものを発明してくれ。
きっとこれは小型車やバイクよりも費用が掛かっていると思うから。


・1970年代の技術のようだ(笑)

 
 
 
 
  • コピーしました

コメントは16件です

  1. 匿名 より:

    そもそもロボットを人間とか動物に似せる必要性をいまいち感じない

  2. 匿名 より:

    関節の向きが、本物の生き物と同じ向きになってから発表して。

  3. 匿名 より:

    ボストンダイナミクスなら人をのせたまま障害飛び越えて疾走するの作りそうで怖い

  4. 匿名 より:

    コメントにあるようにダイナミクス社の10年前よりも酷いんじゃ話にならない。構造は知らんが、外見と挙動は似てる。

  5. 匿名 より:

    デパートの屋上で乗りたい

  6. 匿名 より:

    やめてくれー恥かしい・・・
    世界最速のバイク作るのにコレは勘弁して

  7. 匿名 より:

    アメリカの方が宣伝は1000倍上手
    これは間違いない

    いまだにBoston Dynamicsが何か凄いモノを作ったかのように思ってる人は多いはず
    世界であそこの”素晴らしいロボット”をテストした経験がある者は極々少数だから「動画の人気」がすべて
    本当に使い物になるならGoogleは全ての特許ごとソフトバンクに売り払ったりしないし第一に政府が許可しない

    軍でテストされていると言うのはいい宣伝だが、100年前から予算豊富なアメリカ軍がテストした大量の「革命的な珍兵器」をみんな知っている
    そして使い物になるのはごく一部
    “big dog”は動画では人気だが結局使い物にならない駄犬だったな

    今となってはソフトバンクにも見放されてヒョンデの子会社
    メッキだけで中身がないブランドの終着点は韓国
    いつものパターン

  8. 名無し より:

    「・・・ボストン・ダイナミクスの劣化コピーのよう・・・」劣化版でしょう。日本の技術では、ボストンダイナミクスレベルの身のこなしのできる歩行ロボットは作れません。今の日本には癒やし系ごまアザラシタイプのロボットが精一杯です。

  9. 匿名 より:

    まあここからでしょ
    がんばれ

  10. 匿名 より:

    外国のコメントもココも恥ずかしいだなんだ
    自分じゃ何も出来ないくせに何かを作り上げようと
    積み重ねてる人達をバカにして自分が優れてると
    勘違いしてる方がよっぽど恥ずかしいと思うけどねぇ

  11. 匿名 より:

    プロトタイプなんて大抵こんなもん
    これらの積み重ねがその後の進歩に繋がるんだからくさしている人らは半島がノーノーベル賞なのと同じ貧困な発想しか出来ない人

  12. 匿名 より:

    ソダシって名前付けるわ

  13. 匿名 より:

    ダイナミクス社のアレも結局商品化出来てるわけじゃないから、結局のところはホンダのロボと同じで技術アピールの広告塔でしか無いわな

  14. 匿名 より:

    エコ/ノーマル/パワーモードの切り替えスイッチがあるに違いない
    軍用には戦闘モードも(笑)

  15. 匿名 より:

    ボストンダイナミクス()
    グーグルさんが買ってみたものの全くの過大評価だと損切りされてソフバンに売られ最後にはヒュンダイに叩き売られてしまう末路
    ドームで踊ったのが最大の実績
    しかも本番で故障()
    もともと「宣伝動画で集金」するビジネスなんだから何年待っても成功などない過去の儲けの残りかす
    なのにいまだにアメリカ人たちが世界最先端のロボットだと自慢してて笑う
    ヒュンダイはこのゴミどうするんだろうね
    アメリカ人に社名ロゴ入りTシャツでも売れば?

  16. 匿名 より:

    カワサキは今後マジメに製品化しようとしてるねこれ

    バズらせるのが目的の動画を見慣れてるとパッと見しょぼいっちゃあしょぼいけど、いま実際最高に役に立ってる建機や重機だって(凄さが分かる物好き以外にとっては)見てても退屈だろうしな

    販売ルートと価格、メンテ、稼働時間、法規、詰める要素をすり合わせていくのは今だって日本企業の得意分野
    現場に入れば改善や想定外の活用法の問い合わせをタダで貰えるのでとにかく相手方の宣伝込みで引き合いがあったら現場に入れることだな

    大阪万博とか建設段階から開催中まで長期で放り込めるとお互いにいいんじゃないか

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「サッカーカタールW杯の第3戦で日本がスペインに2-1で勝利で決勝トーナメント進出!」海外の反応
  2. 「サッカー日本代表のスペイン相手に2点目を奪った場面でボールはゴールラインを割っていない」海外の反応
  3. 「日本のサッカーファンはスペイン戦の勝利後でも継続して掃除をする」海外の反応
  4. 「サッカーカタールW杯の決勝トーナメント1回戦で日本はクロアチアにPK戦の末に敗れる」海外の反応
  5. 「日本では道路上の雪を溶かすのに温かい地下水を撒くスプリンクラーを使っている」海外の反応
  6. 「日本のゲームイラストレーターの1日の生活はこのようになっている」海外の反応
  7. 「日本の今年の出生数が最も少なかった去年よりもさらに少なくなっている・・・」海外の反応
  8. 「機会があったら日本のお店で流しそうめんを食べてみたい?」海外の反応
  9. 「日本のサッカーファンに試合後にスタジアムの掃除をするのはなぜなのか聞いてみた」海外の反応
  10. 「サッカーカタールW杯の第2戦で日本はコスタリカに0-1で敗北」海外の反応
  11. 「日本では飲食店のテーブルで意識を失ってはいけない・・・」海外の反応
  12. 「サッカー日本代表がドイツに勝利した後の渋谷スクランブル交差点の様子はこうなっていた」海外の反応
  13. 「サッカー日本代表はドイツ戦勝利後にロッカールームをこのような状態にして離れていった」海外の反応
  14. 「サッカーカタールW杯の初戦で日本がドイツに2-1で勝利!」海外の反応
  15. 「中村俊輔のセルティック時代のプレー集を見てみよう」海外の反応
  16. 「日本とイギリスは全く同じ国である?」海外の反応
  17. 「日本で財布を50回落としてみたらどうなるのか見てみると・・・」海外の反応
  18. 「日本の歌を聴いて、その歌詞の意味を知ったとき・・・」海外の反応
  19. 『当時の日本の戦闘機「零戦」はこのようになっていた』海外の反応
  20. 「トヨタは電気自動車の流行に乗らないのはなぜなのか」海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング