海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「ホンダが2021年シーズン限りでF1参戦を終了」海外の反応

 

今回はF1についてです。
ホンダは2021年シーズン限りでレッドブルとアルファタウリにパワーユニットを供給をやめ、F1参戦を終了することを発表しました。


 
スポンサード リンク
 






翻訳元
Honda will not extend their partnership with Red Bull and AlphaTauri


・メルセデスがF1を台無しにした。


・連鎖反応を引き起こすかもしれない気がする。
次はどこが撤退?


・レッドブルはルノーに戻るのか?
いや、それはないな。
メルセデスはエンジンを供給することはないだろうし、フェラーリもそうするとは思えないし・・・。


・わからない。
なぜレギュレーションが変わらないのだろう?
そうすれば、メーカーにとってはもっと資金的に余裕ができるのでは?


・GP2エンジンのルノーに戻ってしまうのかな?


・レッドブルに選択肢がないな・・・。
メルセデスとフェラーリはエンジンを供給しないだろうし、ルノーとは終わっているし。
レッドブルの時代も終わるのか。


・この背後にはトトが関係していると言うだろう。


・ホンダはいつもすぐ参入したり撤退したりしている。
成功するのには時間がかかるのに・・・。


・これはホンダ独自のチームで2022年のシーズンに向けて準備するということか?


・F1が悪くなってきている。


・F1とファンにとっては悲しい日だ。
これはダメだ。


・全部の車にメルセデスのパワーユニットを搭載するべきだね。
そうすればF1は楽しいものになるだろう。


・ホンダは電気自動車の開発に集中するからでしょう?
F1から撤退してしまうところを見るのは残念だけど、頑張ってくれ。


・コース上で流れる最高のエンジン音だった。


・この記事を読んでいてすごく悲しくなった。
F1はずっと前からつまらなくなってきるし、来年はさらにつまらなくなると思う。


・これはF1が崩壊する始まりになりそうだ。


・こうなったのも馬鹿げたルールのせいだろ。


・電動エンジンでないものを作るのにお金を費やすのは、もはや合理的ではないからね。
この時代が懐かしくなるだろう。


・コロナウイルスにより世界全体での売り上げが関係しているのかも。


・驚きはないね。
多くのメーカーはパーティーモードではなくサバイバルモードに入ったんだと思う。


・F1に本物のエンジンを復活させる時が来た。
V8、V10、V12エンジンをね。
このスポーツがなくなってしまうぞ。

 
スポンサード リンク
 

 

スポーツ    コメント:6

この記事に関連する記事一覧



コメントは6件です

  1. 匿名 より:

    第1コーナー セナ・プロ、ワンツー激突

  2. 匿名 より:

    人気低迷、開発費用の高騰化、市販車へ転用できない独自企画の数々、
    FIAの宮廷化、政治劇も勝負の内と称した一部チームへの忖度、
    新規参入を拒む無駄な規約、ここから上昇に転じる方法はない。
    F1の歴史はそう遠くない将来に幕が下りるだろう。

    ホンダの撤退は悲しいが勝利の為に数百億円の赤字垂れ流しが当然で
    それを長い目で見なきゃ駄目だなんて興行として終わってる。

  3. 匿名 より:

    二十数年前は、いつかF-1はサイバーフォーミュラみたいな時速500キロオーバーのスーパーマシンだらけになると思ってた。

    でも今のF-1には技術の発展を愉しむようなワクワク感を感じない。

    フォーミュラーEやロボレースのような次世代技術モータースポーツの発展に期待する。

  4. 匿名 より:

    勝てなくて逃げ出しただけだろ

  5. 匿名 より:

    しょうがねえだろ、ホンダは金がねえんだよ!
    コロナで車の売り上げは下がったし、世界中でゼロエミッションとか言い出すし
    4輪の利益率2%切ってるし、F1は金ばっかしかかって、ルールはヨーロッパ圏優遇だし
    F1の人気は下がる一方!キリのいい22年で撤退が正解

  6. 匿名 より:

    もう、F1なんて時代遅れだろうな。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント