海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「徳島県にある祖谷渓はこのようになっている」海外の反応

 

今回は祖谷渓についてです。
動画では祖谷渓に行くまでの様子や祖谷渓周辺、ドローンによる上空から見る景色などが紹介されています。


 
スポンサード リンク
 



Solo travelling through the Iya Valley, Japan 4K




・すごく心が落ち着く。
コロナがなかったら、1人旅してたのに。


・3:50のところで、これがイギリスだったら、子供たちがカメラを盗んで逃げてるよ。


・自粛によって旅行することに影響を与えているね。
日本の鉄道本線がすごく静かなところを見たことがない。


・とてもよく撮れているよ。
景色、音楽、色彩が気に入った。
日本の別の一面を見れたからね。


・雲のある風景が素晴らしい。


・1:55のところの後ろで微笑んでいる男性がすごく可愛い。


・この風景の美しさに圧倒されてしまった。
この素晴らしい景色を見ていてうれし涙が出てきたよ。
ありがとう。


・秋にここに行くのはおすすめ?
2021年の9月に日本へ行く計画を立てているから。


・個人的な意見として車がとても必要だね。
車があれば、四国は散策するにに最高の場所だから。
大好きな動画だし、撮影できた場面は、この世のものとは思えなかったよ。


・ただただスゴい。
いくつかの場面で鳥肌が立ったよ。
この素晴らしい作品をありがとう。


・素晴らしい撮影だ。
とてもリラックスできたし、少しの間、ストレスが緩和され癒されたよ。


・すごく静かで自分自身を見つめることができる素敵なところだね。
機会があれば、佐渡に行ってみて。


・ジブリ映画のようなものに感じるよ。
動画を作る技術は素晴らしいから、やめないでね。


・この動画を見ているとき、私の不安がすごし消えたわ。
ありがとう。


・9:37、まずい、コロナウイルスに感染してしまったか・・・。


・何て神聖なところなんだ。
日本の山は他国よりも小さいけど、山地はすごく美しいよ。


・2006年の旅行で祖谷渓に行ったことを覚えている。
撮影場所としては、とても理想的な場所だし、すごく爽やかなで落ち着くよ。

 
スポンサード リンク
 

 

地域    コメント:4

この記事に関連する記事一覧



コメントは4件です

  1. 匿名 より:

    本州から旅行に四国に入ったら、まずびっくりするのが山の違い。 車で山に向かって入っていくと突然空の2/3が 屏風のようものすごい山の壁一面が 立ちふさがって この先前に進めないんじゃないかと思ってしまう。
    本州の山は 近づくに従って徐々に徐々に山が深くなっていくんだけども四国はそれじゃなく急激に山が目の前全てで立ちふさがってくる。 大歩危小歩危になると ものすごく深い川が道路のすぐそば走っていて 落ちたらまず助からないなと思うようなのがあらわれる。 それがそんなに山奥じゃない。

    四国のドライバーはそういう所を走ってるのに、すごい速度で飛ばすからね。 本州の人はびっくりするかも。 煽ってくるから道路の側に避けて前に行かせること。これが暗黙の了解。

    本州から四国に行けば本当に文化が全く違って当惑した。景色も全く違う 遠くから見てものすごく高い山の中腹に民家があっちこっちに点在するというのもショックだっ。どうやって生活してるのかと思った。山岳民族かなんかと思った。

  2. 匿名 より:

    動画見て
    “一ノ森まで行ってる!?”
    ってビックリした

    ※1
    昼間飛ばす理由としては街灯やガードレール区間も碌になく、熊鹿猪犬猿狸に時たまカモシカが出るような山道を夜に走りたいと思わないからだね

    あの地域の主な収入源は柑橘類、山菜、蕎麦、コメ、茶等の栽培をはじめとした第一次産業か年金
    時たま土木・造園業の方が居る

    電話で注文があれば車でお店の人が相手に合わせて良さそうな商品をチョイスして売りに来てくれるよ(そういうサービスをしてくれるのは馴染みのお店だけども)

  3. 匿名 より:

    美しい映像と音楽だなぁ

  4. 匿名 より:

    二重かずら橋までで引き返したんだけど
    それでも狭い山道を1時間くらい走ったわ
    すごい山の斜面に集落がある風景は確かに異景
    本当に山岳民族かよって思う
    なんであんな斜面に畑を作ろうと思った

    あの辺の集落は「ソラ」っていうらしい
    過疎化が進んでいるのでなくなるのも時間の問題だろうが、民家を改造した宿とかは残るかも

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント