スポンサード リンク
 
社会・生活

「東京の通勤ラッシュはこうなのか」海外の反応

  • コピーしました

今回は電車通勤についてです。
動画では東京の通勤ラッシュのときのドア付近の様子が紹介されています。


 
スポンサード リンク



 






翻訳元
Think your commute to work is bad? Try living in Tokyo!


・1週間半、東京で過ごして、毎日、地下鉄を利用していたけど、こういうような状況を見たことがなかった。


・日本に住んでいるけど、こういうのを見たことがないな。
こういう状況は滅多にないし、東京駅のある電車で、たまたま起きたことだよ。
この動画1つで東京都内にある駅はどこもこうだと信じちゃうのかな?
すごく馬鹿げている。


・バングラデシュだと、ドアは開いたままだし、そこにぶら下がっている人もいるだろうし・・・。


・東京の人たちは慣れているし、みんな気をつけているよ。


・何てことはない。
まだ10~15人分のスペースがあるじゃないか!
インドのムンバイ線か西ベンガル州のローカル線に乗ってみなよ。
2度と乗れなくなるさ!


・前回乗ったときは、自分がドアのポスターのような感じだったよ。


・東京の人口が密集し過ぎているからね。
シンガポールもそのうちそうなるけど、東京の電車はそれほど頻繁に故障はしないよ。
シンガポールの電車だけいつも日常の3度の食事のように故障するから。


・座っていたら、どうやって電車から出るんだ。


・この動画はとても古いものであるに違いないな。
最近の東京の鉄道網は他と比べて、かなり効率的で便利になっているから。


・この電車に乗るときは成り行きに任せてしまおうと思ったのは俺だけか?


・見ているだけでパニックを起こすわ。


・こういう通勤だったら、脳卒中を起こしてしまうだろうね。


・電車の中にもっと人を押し込める従業員を雇っているわ。


・わざとおならをして、どういう顔をするのか見てみたい。


・私の知っている東京に住んでいる人たちにとっては、これは全てではないと思っているよ。
驚かされたのは、これほど車両内が混雑しているのにスリがないということなんだ。

 
スポンサード リンク



 
 


 
  • コピーしました

コメントは10件です

  1. 匿名 より:

    コメント(3,388件)

  2. 匿名 より:

    通勤ラッシュは毎日こんなんです

  3. 匿名 より:

    許可なく撮ったものをネットに晒すの止めて

  4. 匿名 より:

    うけるね 3988件

  5. 匿名 より:

    最近は混雑が緩和されて奥の人が詰めなくなったからね
    押し込めば余裕でもっと乗れる

  6. 匿名 より:

    南武線と田園都市線は毎日が地獄やで

  7. 匿名 より:

    >>・日本に住んでいるけど、こういうのを見たことがないな。
    こういう状況は滅多にないし、東京駅のある電車で、たまたま起きたことだよ。
    この動画1つで東京都内にある駅はどこもこうだと信じちゃうのかな?
    すごく馬鹿げている。

    知ったか痛たたた

  8. 匿名 より:

    中央線高尾行っぽいが車両が古いから、1990年後半~2000年あたりの231系じゃないかな?2分10秒あたりに系統番号?が見えてる。
    今は多少は改善されているんじゃない?

  9. 匿名 より:

    車両が古い?一体どこを見てそう思ったの?
    カラーLEDの方向幕にドア上液晶モニタついてるのに、そんな昔のわけないだろ
    そもそも、見えてるのはE232なんだから、E231じゃなくてE233系だろう

  10. 匿名 より:

    この男の人フジモンに似てる。

コメントフォーム

名前 (空白でもOKです)

メールアドレス (空白でもOKです)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング