スポンサード リンク
 
歴史

「日本の戦艦大和の装甲の強さはアメリカ海軍博物館で見ることができる」海外の反応

  • コピーしました

今回は戦艦大和についてです。
アメリカ海軍博物館に展示されている装甲板で、アメリカ軍が砲弾を撃ち込んでテストしたものとなっています。
*装甲の厚さは26インチ、射撃試験で使った砲弾は16インチ砲


 
 






翻訳元
26-inch thick armor from a Japanese Yamato class battleship, pierced by a US Navy 16-inch gun. The armor is on display at the US Navy Museum


・この結果は基本的に至近距離で平角(180度)の完璧な角度で当たる理想的な状況で達成されたことに気づくことが重要である。
それでも、とても素晴らしいけど。


・不可能だ。
どれも日本の鋼鉄を貫けることなんてできない。


・どのようにして戦艦にこういうようなものを取り付けたんだ?


・27インチ(約68.6センチ)の厚さの装甲を作るべきだった。


・どうやって16インチ砲でこの装甲を貫いたんだ?
説明していないぞ。


・これは今、巨大なビールの栓抜きさ。


・砲弾を間近で見たことがある。
僕の両腕で抱え込めなかったよ。


・日本オタクは大和のほうがアイオワ級戦艦よりも良いと言うだろうね。


・記述的なものがあればいいけど。
でないと、芸術作品だと思う人がいるだろうから。


・この衝撃の運動エネルギーには驚かされたよ。


・明らかに鉄筋コンクリートで戦艦を作るべきだった。


・直撃したとき、どれだけ大きな音をしたんだろう?


・どれだけ装甲が厚くても重要ではないのか?
日本の鋼鉄は標準未満だった?


・26インチの厚さの鋼鉄をどうやって切断したんだろう?


・私にとっては、戦争の怖さを思い出させる1つとなっている。
実例があったり、このことを知ることは素晴らしさと悲しさがある。


・約70センチの鉄の厚さか。
これに穴が空くのはヤバいね。
現在の海軍の戦艦よりもずっと装甲が厚いと思う。
費用がかかるし重たいからね。

 
 
 
 
  • コピーしました

   歴史   11

コメントは11件です

  1. 匿名 より:

    ぶっちゃけて言うと意味のない展示
    外れないように至近距離で撃ってるだろうから
    その条件ならアイオワの装甲版を大和の主砲で抜くこともできる

  2. 匿名 より:

    それは戦艦長門の装甲でしょうね。
    長門は米軍に接収されて砲撃のテストの後、ビキニ環礁での水爆実験で沈められました。
    大和・武蔵とも米軍の手にわたっていません。

  3. 匿名 より:

    有名な大和型の試験用主砲防盾ですね。

  4. 匿名 より:

    >This 26″ thick section of turret armor off the Yamato class battleships was found at the Kure Naval Base in Japan after the end of WWII and brought back to the US for testing.

    てあるからモノ自体は本物なんだろうな
    主砲防楯に至近距離から撃つなんてあり得ない想定ではあるけども

  5. 七七四 より:

    昨日ヤマトに5諭吉を艦砲射撃したがあっさり自身が轟沈した!

  6. 匿名 より:

    戦艦の装甲厚は、実際に戦闘が為されるであろう距離と、それに伴う砲弾の飛翔角度での直撃に耐えられるよう決められている
    つまり零距離射程で耐えられるようになんか造ってはいない
    この展示は言ってみれば、チハ改が零距離射程でならシャーマンの装甲貫けたって話をしているようなもので、そこまでやればそうだろって話でしかない

  7. 匿名 より:

    これ、長門ではなくと本当に大和型なんだけど
    厳密には装甲ではなくて主砲防楯だよね

    至近距離で打たれるものではないけど

  8. 匿名 より:

    大和が撃沈されるまでどれほどのダメージを与える必要があったかは調べると割と出てくる。
    現代艦はミサイル1、2発で終わってしまうことを考えると驚異的な頑丈さ。

  9. 匿名 より:

    戦闘機の特攻、直撃で運が悪いと撃沈。
    大破、航行不能ならよし。

  10. 匿名 より:

    ↑普通の戦艦ならば。

  11. 匿名 より:

    毎年同じネタ出してくる…
    艦船はどんな装甲も無駄だよw

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「サッカーカタールW杯での日本代表の全得点シーンを見てみよう」海外の反応
  2. 「日本とアメリカのスーパーマリオワールドを比較」海外の反応
  3. 「トヨタは電気自動車で遅れている?」海外の反応
  4. 「日本のお弁当屋の裏側はこのようになっている」海外の反応
  5. 「日本は今、強烈な寒波に襲われて寒い」海外の反応
  6. 「ソニーは商品名を言うことでCMをスキップできる特許を持っている・・・」海外の反応
  7. 「日本には美味しくなければ全額返金してくれる油そば専門店がある」海外の反応
  8. 日本の首相「人口減少を止めるのは今しかない」海外の反応
  9. 『ソニーの新型ウォークマン「NW-ZX700」シリーズにはAndroid 12が搭載している』海外の反応
  10. 「日本とアメリカは中国と武力衝突する準備をしている」海外の反応
  11. 『当時の日本の戦闘機「零戦」はこのようになっていた』海外の反応
  12. 「日本ではネットカフェ難民や若者の貧困が増加している」海外の反応
  13. 「井上尚弥が史上9人目、バンタム級では初の4団体統一王者!」海外の反応
  14. 「日本は鎖国していた当時、オランダとの貿易を認めていたのはなぜなのか?」海外の反応
  15. 「日本とロシアの軍事力をそれぞれ比較してみた」海外の反応
  16. 「日本で財布を50回落としてみたらどうなるのか見てみると・・・」海外の反応
  17. 「日本とイギリスは全く同じ国である?」海外の反応
  18. 「もし中国が日本に侵攻したらどうなるのか想像してみよう」海外の反応
  19. 「日本では日本海側を中心に記録的な大雪になっている」海外の反応
  20. 「トヨタは電気自動車の流行に乗らないのはなぜなのか」海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング