スポンサード リンク
 
機械・装置

「日本にある放水銃は自動で出てくるのか・・・」海外の反応

  • コピーしました

今回は放水銃についてです。
京都府美山町のかやぶきの里にある放水銃で、格納箱から出てきているところが紹介されています。


 
 






翻訳元
An automatic fire extinguishing system in the Japanese village.


・スーパーロボットがパッと表れて、水爆弾を撃ち始めるのかと思ったよ。
80年代のスーパーロボットのテーマソングと共にね。


・道路に水を撒いているじゃん。
馬鹿なロボットだな。


・カリフォルニアに毎年起こる森林火災に対応するのに何千ものこういう装置を設置することができたらいいのに。
ただし、水はないけど。


・こういう装置を設置するまで、何度火事があったんだ?


・ガンダムが出てきて、火を吹き飛ばしてくれるのを待っていたんだけど。


・ラスベガスのベラッジオホテルにある噴水よりも楽しそうだ。


・最初は巣箱かと思ったよ。
巣が開いているところを見せているのかと・・・。


・屋根の火は封じ込めることができるけど、内部の火にはあまり効果的ではなさそう。


・水の噴出口の上にある翼のような軒は何のためにあるだろう?


・いつの日か、この小屋は大きくなるだろう!


・持ち運びができる消火器のようなものがあればね。
トラックのようなものに取り付けれたりとか。


・これは・・・単なる大きなスプリンクラーだ。
いいね。


・北朝鮮が爆弾を落としてきたら、これだと不十分だと思う。


・最高だと思うよ。
住宅保険の節約になるだろうけど、莫大な水道代によって貯蓄がなくなりそう・・・。


・放水銃を拳銃に取り換えてみな。

 
 
 
 
  • コピーしました

コメントは11件です

  1. 匿名 より:

    京都府美山ですね。きれいなとこですねー。
    これはずいぶん前からあるでしょ。

  2. 匿名 より:

    見た目は良いんだけど、水って上に放って下に落ちて来ると霧吹き状態だから、大火事で炎の勢いが強いと水が気化するだけで役に立たない気がする。やっぱハシゴ車で上ら水かけないとダメなんじゃない?

  3. 匿名 より:

    >内部の火にはあまり効果的ではなさそう。

    簡単に言うけど、家の内部で放水なんかしたら家財道具ほぼ一式全滅するぞ
    ほとんど修復できないくらいにまで水浸しになる
    だが家の外ならば、少々水浸しになっても消火さえできれば家の内部は無事ですむ
    家の内部での少々の出火ならばまずは手で消化したほうがいい
    それではもう手遅れくらいならば、どっちにしろ全焼近くまでいくのだから外から丸ごと消せばいいだろう
    焼けた外壁だけ残ったってどうせ意味ないのだから

  4. 特命 より:

    消火が目的じゃなく
    延焼防止用の散水栓って
    とっとと気がつきやがれ

  5. 匿名 より:

    しっかし外人のコメントって低能なのばっかりだな。
    こういう、環境に溶け込んだデザインがこの映像の目的だろうに、そういう事には何の関心も無いのな。
    こんな連中には日本に移民して欲しくは無いわな。

  6. 匿名 より:

    でもこんなんじゃ延焼しちゃうよね結局

  7. 匿名 より:

    うーん、この意味を分かってないバカ多すぎだろ

  8. 匿名 より:

    乾いた茅葺き屋根と
    湿った茅葺き屋根の
    どちらが延焼し易いか
    イメージすら出来ないのは
    ゆとり教育のせいか?

  9. VIP屑野郎 より:

    >住宅保険の節約になるだろうけど、莫大な水道代によって>貯蓄がなくなりそう・・・。

    いやぁ、水資源豊富な国でよかった

  10. 匿名 より:

    いつだったか、つい最近の出来事。
    古い住宅街での住宅火災で、地元有志の消防団が先に消火活動を始めたんだが、火元の消火に目先が行ってしまって、狭い二階の窓から室内にめがけて放水していてなかなか消えない。風が強く乾燥していて、あっという間に付近の住宅に延焼。あとから聞けば、ああいう場合は、延焼予防を重視して付近の住宅の屋根壁に水をかけて火の粉が移りにくくするのが正解だ、と。

  11. 774馬力 より:

    EUなどは石の家だから延焼防止の設備としての費用対効果に疑問があるが、
    この地域の屋根は茅葺きなので、火の粉が周辺に飛び延焼するので、この設備は不可欠です。
    スプリンクラーを全戸に設置するよりも費用対効果も景観も、それにスプリンクラーは屋根裏の漏電には効果がないし、、。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「大谷が14号&15号の2本の3ランを含む自己最多の1試合8打点」海外の反応
  2. 「とある日本のバーのお酒の氷はこうやって削っているのか・・・」海外の反応
  3. 「日本ではプラスチックをこのようにしてリサイクルしている」海外の反応
  4. 「日本の健康診断を受けて、その結果が届いたけど・・・」海外の反応
  5. 「日本のメディア(書籍)はインドは次の超大国になるだろうと言っている」海外の反応
  6. 「日本にある2つの面白いカプセルホテルを比較」海外の反応
  7. 「日本では6月としては記録的な猛暑が続き、電力需給が逼迫している・・・」海外の反応
  8. 「日本から取り寄せた手彫りのコーヒーテーブルに飼っている子犬の噛んだ跡が・・・」海外の反応
  9. 「日本の高級包丁を貸したら刃がボロボロに・・・」海外の反応
  10. 「これが日本版のアベンジャーズ?」海外の反応
  11. 「日本にはオオスズメバチという世界最大級のハチがいる」海外の反応
  12. 「日本が初めてNATO首脳会議に参加へ」海外の反応
  13. 「日本には充電式ファンジャケットというものがある」海外の反応
  14. 「日本の戦国時代に弥助という黒人侍がいた」海外の反応
  15. 「大谷が12号2ラン&7回1失点でチームの連敗を14で止める4勝目」海外の反応
  16. 「日本とイギリスは全く同じ国である?」海外の反応
  17. 「井上尚弥が日本人初の3団体王座統一王者!」海外の反応
  18. 「日本の円が下落しているのは日銀が故意に通貨を下落させているから」海外の反応
  19. 「京都市は本当に破綻してしまうのだろうか?」海外の反応
  20. 『当時の日本の戦闘機「零戦」はこのようになっていた』海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング