スポンサード リンク
 
歴史

「1965年から2019年の間の各国の高速鉄道の総距離を比較、日本は?」海外の反応

  • コピーしました

今回は高速鉄道についてです。
1965年から2019年の間の各国の高速鉄道の総距離の長さ(建設中の距離も含む)を横棒グラフとGIFアニメーション使って比較しています。


 
 



High-Speed Railway (HSR) Construction by Country (1965-2019)




・中国は高速鉄道をたくさん作って何の意味があるんだ?
中国人の平均月収はたったの2000元だから切符を買う余裕がないでしょう。


・スペインには驚いた。
高速鉄道だけでスペイン中を旅行できる。


・実際のところ、ドイツ、スペイン、フランス、日本もかなり良いでしょう。
国の大きさから比較するとね。
けど、アメリカは酷いな。


・発展途上国の中国を除いて、ここに出ている国々は、ほぼ先進国だ。


・中国は計画の半分しか終えていない。


・このレースは2007年に終わった・・・。


・中国は他国の合わせたものよりも高速鉄道の長さがある。


・中国の鉄道は自由と民主主義が欠けている。


・アメリカは飛行機を使うからね。
鉄道よりも信頼性がある。


・アメリカには700キロちょっとあるの?
どこにあるんだ?
乗ってみたい。


・中国の新幹線は川崎が作ったものだ。


・この動画は嘘だ。
アメリカとイギリスに高速鉄道はない。


・スペインが2位であることにちょっと驚いた。
日本かフランスだと思っていたから・・・。


・インドはどこだ?
新幹線よりも速い電車があると言っていたぞ。


・デンマークが5キロで2001年に出てきたところが気に入った・・・。


・正直、スペインが日本よりも高速鉄道の距離が長いことに驚いた。

 
 
 
 
  • コピーしました

   歴史   15

コメントは15件です

  1. 匿名 より:

    今度は年間の営業総走行距離でやってみてくれ

  2. 匿名 より:

    中国に技術を無償で譲渡した川崎重工は恥を知れ!

  3. 匿名 より:

    これを見ると80年代にヨーロッパに進出できなかった日本が無能なんだな

  4. 匿名 より:

    なんでわざわざ総距離なんて比較した?

  5. 匿名 より:

    川崎は剛性不足のお家芸を何とかしろ!

  6. 匿名 より:

    緊縮自殺ジャップ
    それよりマシなヨーロッパ
    潰れる潰れる言われて一向に潰れないじゃぶじゃぶ元を刷りまくる中国

    経済がよーくわかるね

  7. 匿名 より:

    ヨーロッパの高速鉄道は在来線を走っていることが多いからその区間も入れて比較しているのだろう。
    そのため、変な比較になってしまう。

  8. 匿名 より:

    いままた作ってるだろ日本は

  9. 匿名 より:

    やたらと遅れるなら高速鉄道の意味は無いけどね

  10. 匿名 より:

    距離なんて地形次第だろ

  11. 匿名 より:

    鉄道規模で考えるなら、1つの営業路線における営業距離×営業本数 の総和(営業路線数)じゃねーの?
    なんだこの小学生みたいな元スレは
    こんなもん、国土の違いでしかない

  12. 匿名 より:

    120%安全で食事も問題無ければ中国高速鉄道の旅してみたいな

  13. 匿名 より:

    このグラフでわかることは日本は当の昔に高速鉄道網を完成させていたって事だぞ
    他の国に対して数十年も前に取り組んでいたって事だ
    これを見て日本の没落とみるのがいるからな

  14. 匿名 より:

    在来線、地下鉄、私鉄、全部合わせて走行距離と走行本数で考えるとw
    まあ結果は見えてるよな
    カテゴリと条件に特化したもので国がどうたら計れないだろうに、バカなのかな?

  15. 名無しさん より:

    日本の鉄道会社の不幸は、三大メジャーに牛耳られていた世界の鉄道網に新幹線システムで風穴を開けようとこれっぽっちも思っていなかったから、国内の鉄道関連会社の再編成のことなんか考えてなかった。海外進出のノウハウがない上に、国内だけの受注で談合してれば会社が生き残れるという救いのない状況で、未来の成功のチャンスを自ら閉ざした。当然、政府の利害関係のある族議員や官僚も絡んでいたんだろうな。今さら、米国に新幹線システムやリニア新幹線システムの輸出なんて、滑稽だ。うまくいくはずがない。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「大谷が10勝目&25号!104年ぶりとなる2桁勝利&2桁本塁打の偉業を達成!」海外の反応
  2. 「日本は今、経済的にひどい苦境に陥っている・・・」海外の反応
  3. 「1896年から2021年の間の世界上位10カ国の名目GDPを比較、日本は?」
  4. 「日本が真珠湾攻撃をしたのには理由がある」海外の反応
  5. 「東京・秋葉原で43年間続けてきた小さな秋葉原ラジオセンターを閉店」海外の反応
  6. 「日本のとあるお茶の町の地域活性化の計画は上手くいくのだろうか?」海外の反応
  7. 「プレステ1とN64のゲームソフトの違いはどこにあるのか?」海外の反応
  8. 「セガは当時、メガモデムというメガドライブ用の通信モデムを販売していた」海外の反応
  9. 『当時の日本の戦闘機「零戦」はこのようになっていた』海外の反応
  10. 『羽生結弦が公式ユーチューブチャンネル「HANYU YUZURU」を開設』海外の反応
  11. 「日本の戦国時代に弥助という黒人侍がいた」海外の反応
  12. 「日本にはオオスズメバチという世界最大級のハチがいる」海外の反応
  13. 「日本にある包丁メーカーの社員の1日の生活はこのようになっている」海外の反応
  14. 「日本とイギリスは全く同じ国である?」海外の反応
  15. 『日本の元首相が「台湾有事は日本有事である」と発言』海外の反応
  16. 「大谷が23号&24号の2本のホームランを放つが、チームは・・・」海外の反応
  17. 「イチローがメジャーリーグで見せてくれたスーパープレイの数々」海外の反応
  18. 「日本とロシアの軍事力をそれぞれ比較してみた」海外の反応
  19. 「日本語の表記体系は簡単に言うとこうである」海外の反応
  20. 「スーパーマリオワールドの開発や販売には様々な背景があった」海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング