海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

『日本でスパコン「富岳」活用して飲食可能なフェイスシールドを開発』海外の反応

 

今回はフェイスシールドについてです。
理化学研究所はサントリー酒類と凸版印刷と合同スーパーコンピュータ「富岳」を活用して飲食可能なフェイスシールドのプロトタイプを開発しました。


 
スポンサード リンク
 






翻訳元
A team of Japanese scientists has developed a new type of face shield using supercomputer data on what shapes are most effective at preventing the spread of droplets.


・すぐにでも、我々みんなこの装備で宇宙人のようになれるだろう。


・お金を出してもらっても、こういうものはしない。


・羊用のフェイスマスクだろ。


・これを一緒にマスクが必要だ。


・マスクよりも効果はあるのか?


・フィリピンにあるフェイスシールド全ては中国のもので、たったの20ペソ(40セント)さ。


・これがサージカルマスクの代わりになるとは思うなよ。


・エアロゾルは防げないだろう。


・良いけど、これは生物分解できるの?


・これを考え出すのにスーパーコンピューターは必要だったか?


・顎だけを覆う役立たずのものよりは良さそう。


・日本人は何もせずにじっとしていることはない。
答えを見つけ出そうとするから。


・これを使わないときはポケットの中にピッタリと入りそうだ。


・日本人を見ているとアメリカのことが恥ずかしくなる。
日本人の半分ほど真剣になってくれたら、これほど多くの感染者は出なかっただろうに。


・30%の飛沫が他の人の命を危険にさらすぞ・・・。
現実的になり、きちんとしたフィルターのあるマスクを使いな。


・けど、堅そうだし、着け心地は良くなさそう。

 
スポンサード リンク
 

 

科学・技術    コメント:9

この記事に関連する記事一覧



コメントは9件です

  1. 匿名 より:

    くだらない物に見えてしまうかもしれないが、コスパまで含めていろんな要素を聞いていくと、こういう結果になってしまうんだ。作りやすさから、材料の少なさ、シンプルな形状、どこの企業でも作れる、価格を抑えれるなど様々な意見が出てくる。
    ここまでやれば十分防御でき飲食にも対応できるという最高スペックの形状はどんな物なのかは、興味あるが、それは必要とされていない形状なので、恐らく公表もされないし、シミュレーションもされない。

  2. 匿名 より:

    飲食ができる=飲食時用だと推測できると思うんだけど、
    なんで普段用だと勘違いするんだろうな。
    これから冬になっ感染が広がる事思えば、
    色んなパターンを今のうちに考えるのはいい事だと思う。

  3. 匿名 より:

    中国のせいでベンチマーク専用機なんて認識のアホがわりといるけど
    スパコンってのは使ってなんぼのものだぞ…

  4. 匿名 より:

    スパコンは飾っておくものじゃないからな。
    空間シミュレーションをしたら、飛沫をとばさないようにするにはこういう形になるんだろうな。
    まあ、理解できる。

  5. 匿名 より:

    スパコン動かすのにお金かかるし、他のことに使ったら?と言う意見に同意するわ。

    素直に普通のマスクしておけよw

  6. 匿名 より:

    ロケとかで芸能人とかが付けてるシールドって効果無さそうだよな
    大抵の場合ちゃんと装着して無くて口がほぼ全部露出した状態になってるから

  7. 匿名 より:

    フェイスシールドがマスクに較べると飛沫を拡散しやすいのは厳然たる事実。しかし、聾唖者などは口元が見えないと意図が読み取れなくて本当に困るそうだし、人に見られる立場の人がフェイスシールドをするなは有りだと思う。

  8. 匿名 より:

    わざわざ富岳を使うほどのモノか?

  9. 匿名 より:

    わざわざ富岳を使うほどのモノか?

    富岳には色々勉強してもらうってことでは
    教えないと学ばないからデーターの蓄積は大事

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント