海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「F1 70周年記念GPでレッドブル・ホンダが今季初優勝」海外の反応

 

今回はF1についてです。
F1第5戦70周年記念GP(シルバーストーン・サーキット)でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン選手が優勝し、今シーズン初勝利となりました。


 
スポンサード リンク
 



70th Anniversary Grand Prix: Race Highlights




・マックス・フェルスタッペンはポイントランキングでボッタスのカーナンバーである77ポイントになってボッタスを抜いた。


・F1ファン全員対メルセデスであることに気づいた・・・。


・どうしてホンダのエンジンがレッドブルと上手くかみ合ったんだろう?
マクラーレンのときは悪夢だったのか?


・レッドブルはドライバーの言っていることに耳を傾け、フェラーリは聞かない。


・フェルスタッペンがスタートでハルク(ニコ・ヒュルケンベルグ)を抜いたのにはがっかりした。
ハルクが表彰台に上がっているところを見たかったから。


・マックスがメルセデスの車に乗っていたら、全てのレースを勝っているだろう。


・マックス・フェルスタッペンのいないF1は退屈だ。


・フェルスタッペンのタイヤが良い状態を保っていたところが素晴らしい。


・世界王者の精神力があることを再び示しくれたマックスは見ていて新鮮だ。


・ハミルトンファンだけど、今回はマックスとチームによる素晴らしいレースだったと言わざるを得ないね。


・とてもつまらないレースだったんだけど、それでもワクワクしたレースであるというのが奇妙だね。


・フェルスタッペンファンだけど、ハミルトンに勝つほうに5ユーロ賭けてしまった。


・何でこんなに驚いているのかわからない。
マックスが勝ったからなのか、ホンダのエンジンを搭載した車がメルセデスに勝ったからなのか。


・もっとメルセデスに勝てるドライバーがいればなと思う。


・マックスよ、良くやった。
ようやく、メルセデスが勝てなかったか。


・マックスが王座になるように祈ろう。
でないと、退屈なシーズンになりそうだから。


・マックスにもっと良い車を渡そう。
それに相応しいし、何の問題もなくルイスに勝てるからね。

 
スポンサード リンク
 

 

スポーツ    コメント:8

この記事に関連する記事一覧



コメントは8件です

  1. 匿名 より:

    マクラーレン:ぐぬぬ

  2. 匿名 より:

    パワーも信頼性も向上したとはいえメルセデスには届かないPUに
    今季のシャシー開発も失敗した上に相棒のアルボンは未だ実力不足と
    マックスの技術におんぶに抱っこ状態だったRBだっただけに
    決勝を見据えたセッティングに効果的なタイヤ交換、二機目のPU投入と
    正にドライバーとチームとPUと皆で勝ちとった勝利でしたね。

  3. 匿名 より:

    メルセデスってピンクメルセデスから
    リアの設計図わたしたのに
    ペナルティ出ないですか

  4. 匿名 より:

    メルセデスはルールの抜け穴を利用してる
    ドイツメーカーが小細工で勝つのは昔から常識
    いざとなればライバルメーカーが勝つのを死に物狂いで堂々と妨害して知らん顔しやがる

  5. 匿名 より:

    30馬力差なら1~2度のアップデートで迫れる差だけど
    よりにもよってPUの開発が凍結されてるのがね・・
    メルセデスはここから馬力伸ばすのは時間掛かりそうだけど丸々1年以上開発凍結するならまた想像以上に馬力伸ばしてくるよ

  6. 匿名 より:

    マクラーレンがホンダに協力する気皆無だったからな。
    まぁあの頃は、日本人ですら
    「ホンダはF1をなめてるのか」
    「ホンダの粗悪エンジンがすべての原因」
    とか言ってたしな。
    今はご覧の通り手のひらクルクル。

  7. 匿名 より:

    マクラーレンはいきなり本田に エンジンの 大きさと 重量制限を課してそれを もとにボディを設計したからエンジンはほとんど何もいじれなかった。 その上にマクラーレンのボディをずっと設計していた人が他のチームに移ってしまったので ずっとクソみたいなボディ。エンジンには足枷をはめられたまま。
    アメリカ人の 利益優先の マネージャーが 途中から ずっと支配していたのも害にしかならなかった。 これで名門マクラーレンはほとんど死んでしまった。

  8. 匿名 より:

    マクラーレンは北朝鮮みたいなチームだったな

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント