スポンサード リンク
 
歴史

「当時の日本が第2次世界大戦後に分割統治されなかったのはなぜなのか?」海外の反応

  • コピーしました

今回は歴史についてです。
第2次世界大戦後に当時は日本を分割統治する計画案があったのですが、財政的な問題やソビエト連邦との関係など(中国は内紛状態だったからではあるけど)から最終的にはアメリカが統治することになった状況が紹介されています。


 
 



Why wasn't Japan Split Between the Allies After World War 2 (Short Animated Documentary)




・アメリカは日本を占領するにお金の余裕があった唯一の国だったからね。


・簡単でしょう。
日本はアメリカに降伏したのだから。


・単純にソビエト連邦の脅威を未然に防ぐためだろう。


・こうやって日本はアメリカの犬になったんだ。


・アメリカが日本を救ったのか。
アメリカの歴史の中で1つある良いことだったね。


・イギリスは植民地(稼ぎ頭となるもの)が徐々になくなってきてたから、お金がなくても驚きはない。


・日本がハワイやアラスカのようにアメリカの州の1つにならなかったことのほうが驚きだよ。


・どんでん返しとして、どの国が日本を手に入れようかをじゃんけんで決めた。


・イギリスとフランスは地球の反対側を占領する余裕がなかったから。


・分断されていたら、アニメがなかったかもしれない。


・アメリカは共産主義国に対する緩衝国が必要だったからね。


・アメリカ1ヶ国だけが日本に侵攻し、他の連合国は何もしていないでしょう。


・もし日本が分断されていたら、朝鮮のようになっていただろう。


・現在でも日本はアメリカの手から自由になっていないけど。


・イタリアが連合国間で分断されていたらどうなっていただろう?


・アメリカ:日本は分割しないけど、朝鮮は分割する
朝鮮:ちょっと待った、何だって?


・日本は運が良かったからだと思う。


・日本はヨーロッパからすごく遠かったからだろ。

 
 
 
 
  • コピーしました

   歴史   43

コメントは43件です

  1. 匿名 より:

    そうです。
    アメリカが日本を救いました。
    ありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    バカだろう…
    戦勝国が武力でもって降伏させた敗戦国を分割した時点で、それは侵略戦争以外の何ものでもなくなる。

  3. 匿名 より:

    だって対日戦ではアメリカ以外大して働いてないし

  4. 匿名 より:

    この方々は沖縄や小笠原諸島の返還理由も理解出来ないのかもしれない。カイロ宣言とか知らないのかな?

  5. 匿名 より:

    >単純にソビエト連邦の脅威を未然に防ぐためだろう。

    日本が負けそうになると日ソ中立宣言を一方的に破ってきた卑怯者が何ですかw
    日本がアメリカに降伏宣言した後に、「聞いてないよー」と北方領土を侵略した国が何ですかw

  6. 匿名 より:

    分割統治決定時点で、予想だにしない自決などが大量に発生することが懸念された為、と文献に記されているが?

  7. 匿名 より:

    朝鮮半島や樺太なども日本だったんだから
    日本は明確に分割されているだろう。
    アメリカに長期間情報操作された結果、
    分割されたことすら忘れている人間が日本にすら多いのは嘆かわしいことだ。

  8. 匿名 より:

    対独は米英ソに一応レジスタンスやった自由フランスも含めて皆で反攻・占領したけどさあ、
    対日反攻にアメリカに次いで寄与したのって多分オーストラリアじゃん
    それ以下の英本国とか、防戦一方の中国とか、最後ちょこっと戦っただけのソ連とか、口挟む権利ないよね

  9. 匿名 より:

    本土をソ連に占領されてないからだな
    ドイツの場合は米ソ両方に占領された
    日本はソ連による北海道への侵攻を占守島で食い止めた状態で停戦になりソ連を時間切れにさせた

    そもそもソ連が攻めてくるとなった時点で最早一刻も早くアメリカに降伏して占領してもらおうと日本は望み、アメリカも同様に日本をソ連に渡すまいとした事がソ連に本土侵攻を行う時間を相当削れた

  10. 匿名 より:

    ほんとアメリカで良かった

  11. 匿名 より:

    日本がどうして大きな犠牲を払ってまで、朝鮮を併合し、満州を建国させ、欧米からの執拗な嫌がらせに折れずに対抗しようとしたか、戦争に踏み切ったか、戦後に米国がやっと理解したからだろ。

    ソ連が南下するからだよ。後の米ソ冷戦時代を見たら分かるだろうに。未だに大日本帝国は世界征服を企んだファシスト国家みたいに思っているやつがいるのな。いつの時代のプロパガンダだよ。

  12. 匿名 より:

    中国は当面の敵
    ロシアは永遠の敵
    ラスボスはアメリカ

  13. 匿名 より:

    北方、樺太、半島、台湾は昔は日本の領土だったことを何故か知らないらしい

  14. 匿名 より:

    分割されたから、南北朝鮮、台湾が存在するんだよwww

  15. 匿名 より:

    四国は中国の統治領になる予定だったらしい。
    実現したら中国さんさぞやがっかりしたろうなと残念でならない。

  16. 匿名 より:

    唯一の戦勝国がアメリカだったからに決まってるだろw

  17. 匿名 より:

    降伏決定後の北海道の日本軍が中央の停戦命令ガン無視して、ソ連と戦い続けてくれたおかげ
    アレ無ければ分割どころか北海道はソ連領だった、マジで

  18. 匿名 より:

    分割されてるだろ
    千島、樺太、朝鮮、台湾および付属諸島はそれぞれにほんが放棄させられて連合国が分割した
    今の南沙諸島、千島、樺太、台湾など領有が確定しない地域はこの時の発生してる

  19. 匿名 より:

    ずっと謎に思ってたから見に来たけど
    簡潔で納得のいく説明がなかったわ

  20. 匿名 より:

    そもそもロシアにも負けてないし中国(白人統治による傀儡国)にも負けてないから分割される理由が全く無い

  21. 匿名 より:

    中国に満州国、台湾渡しているのに日本自体に手を付けられるわけが無いじゃん

  22. 匿名 より:

    スリランカの尽力はスルーか外人

  23. 匿名 より:

    悪のアメリカ案から救ってくれたスリランカ有難う

  24. 匿名 より:

    現在の本土が分割されなかったのは、ポツダム宣言受け入れるまでの時間稼ぎをしたから
    ソ連が北海道に侵攻するのを日本軍が抵抗して防いだからだ
    少なくともそういう努力をした結果本土分割にならなかった
    その努力をしなかったら分割されてもおかしくない

  25. 匿名 より:

    結果アメリカが統治してますが

  26. 匿名 より:

    ドイツは本土に連合国が占領進めていっての首都陥落だったんだから、元々の日本領では沖縄以外、人口が多い地域にほぼ連合国が占領していない日本が違うのは当然。

  27. 匿名 より:

    日本はアメリカにしか負けてないから。うそ。

    中国じゃなくて中華民国の蒋介石がいろんな事情でいらんって言ったから。

  28. 匿名 より:

    中露がイキってるのはアメリカが助けたせいだからな
    そこんとこよろしく

  29. 匿名 より:

    分割した結果が今の日本なんだけどな
    当時は朝鮮半島と台湾も日本の領土だったんだから

  30. 匿名 より:

    仮に分割統治されていたとしても
    ドイツよろしく西側は早い段階で主権回復できていただろうからあまり変わらんだろう
    ただソ連に統治されている部分は独立できず東西で日本は分かれることになる
    樺太で済んで本当に良かった

  31. 匿名 より:

    上で書いてる人もいるが、日本は明確に分割されてるだろうが。台湾、朝鮮半島、沖縄、小笠原諸島、南洋諸島、樺太、北方領土を日本は失ったよ。戦後、沖縄、小笠原諸島だけが返ってきた。

  32. 匿名 より:

    まあでも民族ごとの独立の波を考えたら
    満州、朝鮮、台湾は言語も文化も残ってたし分割というのとは少し違う気がするわ
    主権が元の場所に帰るのは世界の統治的に見ても安定につながる
    樺太はまあ江戸中期まで政治的に完全に空白地帯だったし持って行かれたのはその通りだな

  33. 匿名 より:

    むしろなぜ分割統治になると思ってんだか
    アメリカ以外碌な仕事してないだろ

    それでも日本が解放した旧植民地は
    分けて貰えたんだからそんなもんだろう

  34. 匿名 より:

    >> ほんとアメリカで良かった

    いや、北方領土に関しては失敗。
    本来は北海道民も日本政府も”北方領土”はアメリカに統治してもらいたかった。。
    アメリカは民主主義国家であり、法治順守国家でもあり、話せば分かる国民性でもあったから、北方領土は一旦アメリカに統治してもらってから、小笠原・奄美・沖縄返還の様に、適切な時期に日本に返してもらおうと思っていた。(それが通っていたなら…残念…)

  35. 匿名 より:

    イギリスは短期間占領したよ

  36. 匿名 より:

    アメリカ統治でアメリカ兵と三国人に強姦殺人されまくり、言論統制で今もマスコミ規制中

  37. 匿名 より:

    分割統治されたという事実すら捏造するのか恐ろしいな連合国は

    日本は実際には

    日本、台湾、韓国、北朝鮮、北方領土、沖縄に6分割された


    そして台湾沖縄は米国の傀儡政権に
    満州は中国に
    北方領土はロシアに
    朝鮮半島は冷戦で朝鮮戦争で奪い合って
    結果二つに分かれた

    これが歴史的な事実。
    戦前と戦後の領地を組みらべた単純な結果
    こんなことすら理解してないってのが恐ろしいよ

  38. 匿名 より:

    なんだ、公然の秘密なのに知らないのか?

    ルーズベルトとスターリンとチャーチルとヒロヒトで賭け麻雀やったが、

    チャーチルはボロ負けして帰りの電車代も擦ってしまったのでルーズベルトが立て替えてやり、
    スターリンはトントンだったが、電車もバスもない僻地出身だったので、ルーズベルトが車を出してやり、
    ヒロヒトは自宅だったので、そのまま歩いて帰ったんだぞ?

  39. 匿名 より:

    主にソ連と潜在的脅威であった中国に対するアメ様の戦略ですなー。今も犬だけどおかげさまでロシアにも中国にも占領されず北朝鮮も手出しされない平和を享受できてるわけでw

  40. 匿名 より:

    スリランカ代表のジャヤワルダナ大統領の演説を日本人ならば覚えておいて欲しい。
    日本人として感謝しています。

  41. 匿名 より:

    分割された定期

    日本・沖縄(のちに返還)・北朝鮮・韓国・台湾・樺太南部。滅茶苦茶分割された。

  42. 匿名 より:

    東南アジアの人達のおかげ、ここを見ている人は調べて、 覚えていてほしい。

  43. 匿名 より:

    日本を帝国主義(領土拡張)と標榜しておいて日本の領土は切り取ってんだよなぁ
    勝者が正義とはよう言ったもんだよ

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「日本はロシアに北方領土の侵略をやめるように警告」海外の反応
  2. 「日本の千總の着物がすごく高いのはなぜなのか」海外の反応
  3. 「日本でさえもメイウェザーにうんざりしてるのか・・・?」海外の反応
  4. 「ユニクロはどのようにして品質を維持しながら安い価格で提供しているのだろうか」海外の反応
  5. 「第2次世界大戦で日本が降伏したのはなぜなのか」海外の反応
  6. 「日産1984年式パトロールはこのようになっている」海外の反応
  7. 「日本航空は早ければ2029年にも超音速旅客機を導入できそう?」海外の反応
  8. 「サッカー国際親善試合で日本はエクアドルに0-0で引き分け」海外の反応
  9. 「トヨタは電気自動車の流行に乗らないのはなぜなのか」海外の反応
  10. 「セガが衰退したときに何があったのか?」海外の反応
  11. 「日本とロシアの軍事力をそれぞれ比較してみた」海外の反応
  12. 「日本とイギリスは全く同じ国である?」海外の反応
  13. 「第2次世界大戦で日本はポーランドの宣戦布告を拒否したのはなぜなのか?」海外の反応
  14. 「日本の尖閣諸島を中国が欲しがるのはなぜだろう?」海外の反応
  15. 「1960年から2100年の間のアジア上位20カ国の名目GDPを比較、日本は?」
  16. 『当時の日本の戦闘機「零戦」はこのようになっていた』海外の反応
  17. 『日本とインドの合作アニメ映画で「ラーマーヤナ ラーマ王子伝説」というのがある』海外の反応
  18. 「インドは日本を怒らせたくないから北方領土での軍事演習には参加しない」海外の反応
  19. 「日本語の表記体系は簡単に言うとこうである」海外の反応
  20. 「日本にはオオスズメバチという世界最大級のハチがいる」海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング