海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本には4回脱獄に成功した脱獄王がいた」海外の反応

 

今回は脱獄についてです。
動画では「昭和の脱獄王」と呼ばれた白鳥由栄についてで、主にどのように脱獄したのか、最後はどうして脱獄しなかったのかが紹介されています。


 
スポンサード リンク
 



The Incredible Japanese Prison Break




・日本のランボーと名付けたほうがいいね。


・この話がこれほど良いものだとは思ってもいなかった。


・ジョン・ウィックのような感じがしたけど、誰も殺していないんだね・・・。


・行政が彼を刑務所の設計者として雇うべきだった。


・これはスゴいのではなくヤバいんだよ。
どれだけの技術を持っているんだ?


・最初は無実で刑務所に入れられたということなのか?


・本当の優しさと思いやりがどんな武器よりもはるかに力があることを証明しているよ。


・この日本人の囚人はマジで天才だ。


・彼が捕まるたびに、脱獄するように応援していた。


・彼は忍者の末裔だね。


・誰かこの映画を作って。


・これを見て泣いたのは僕だけか?


・4回目の脱獄で穴を掘っているとき、掘った土はどこに隠したんだ?


・今、この刑務所で出されている味噌汁はすごく苦いものになっているだろうね。


・脱獄のために多くの人生を無駄にしていると思うのは変なのか。


・タバコを与えた警察官は何らかの賞を受けるのに相応しいよ。


・この男でも僕の通っている学校からは逃げられないだろう。


・正直、酷い扱いをする看守たちがいる刑務所から脱獄するときには、その看守たちの命を狙うかも。

 
スポンサード リンク
 

 

歴史    コメント:17

この記事に関連する記事一覧



コメントは17件です

  1. 匿名 より:

    白石由竹かな?

  2. 匿名 より:

    ゴールデンカムイの白石のモデルになった人だったかな

  3. 匿名 より:

    この人の話は面白いよね
    関節外せる特異体質と凄い身体能力持ちで次々脱獄するけど、脱獄するのは戦前のヒドイ扱いが原因というのがね

    犯罪者じゃなければ、体操選手とかなっててもおかしくない人なんだよなあ

  4. 匿名 より:

    ヒンナヒンナ

  5. 匿名 より:

    テレビでやってたな
    服を小便で濡らして極寒の壁に交互に貼り付けて登ってったのこいつだったっけ?
    確か脱獄したあと空腹のあまり畑に忍び込んだら畑の持ち主に殺されそうになったから逆に殺してたはず

  6. 匿名 より:

    ワイルド7飛葉の脱獄の常習犯設定はどこへ

  7. 匿名 より:

    ゴールデンカムイでまた有名になったけど、この人、最初の濡れ衣臭い逮捕で(今だったら証拠不十分で完全無罪だろけど)投獄されて妙な才能のスイッチが入っちゃったってだけで、ぜんぜん悪人ではないんだよね

    つうか、白鳥さんもそうだけどゴールデンカムイは漫画のキャラよりモデルになった実在人物の能力のほうが人間離れしてると言う珍しい漫画w
    漫画の白石には白鳥さんの怪力や走力は与えられてなくてセーブされてる

  8. 匿名 より:

    妖怪!?

  9. 匿名 より:

    アンビリーバボーみたいな番組で定期的に取り上げられる人物だから、
    ゴールデンカムイ抜きでももともと有名だよな

  10. 匿名 より:

    そもそも濡れ衣とか…

    仲間と一緒に強盗殺人を犯して自分は殺すつもりはなかったと言い逃れしようとしてただけだぞ

    脱獄後も畑に入ってトマトだったっけ?を盗んで食べてるところに持ち主に見つかって農民を殺してるしただの屑

  11. 匿名 より:

    板尾創路が映画化してなかったか

  12. 匿名 より:

    さいとう・たかをのゲームブック「監獄島からの脱出」で知りました

  13. 匿名 より:

    強盗殺人の共犯のどこが無実なのかと

  14. 匿名 より:

    なにせ、本当に一世を風靡した男だからね

    新聞購買率が高い時代に、新聞で特集されたりしていたので昔は普通に有名だったとのことです

  15. 匿名 より:

    長期間食事の味噌汁吹きかけて鉄を錆させ逃げたのも
    あったんだっけ、今でいう才能の無駄遣いの極致だろうね

  16. 匿名 より:

    脱獄中にも人殺ししてるよね

  17. 匿名 より:

    板尾創路の脱獄王のオチってあれでいいのかな

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント