海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本では今でも使っている人がいたのか・・・ポケベルのサービスが2019年に終了」海外の反応

 

今回はポケベルについてです。
日本で唯一サービスを続けてきた東京テレメッセージですが、2019年9月30日をもってサービスを終了すると発表しました。


 
スポンサード リンク
 






翻訳元
Pagers have been in use in Japan for 50 years.



・今でもポケベルを使っている人がいると思うけどなあ。


・フランスでは専門家や救命隊員たちが使っているよ。
だから、非定額制として維持しているし、2014年では8万人が使用しているから。


・ポケベルを廃止を決定する前に国民投票が必要だ。


・アメリカのいくつかの州では90年代にポケベルが終了していた。


・20年以上、ポケベルを使っていない。
モトローラ製のものだったよ。


・青銅器時代の技術だ。


・日本にまだあったのか?!
知らなかった。
とてもビンテージものだし、クールだよ。


・日本のほうが中国よりも科学技術に精通していると思ったけど、実際は違うのか。


・モールス符号は今でも使っているけどね。


・少なくとも折りたたみ携帯は維持するだろう。


・2000年以降はポケベルは使っていないよ。
日本のような技術先進国が現在でも使っているというところに驚きだ。


・次はファックスが廃止になるのか?


・今では骨董品だな。


・ずっと昔に携帯電話の登場によってポケベルが消えたと思っていた。

 
スポンサード リンク
 

 

商品・道具    コメント:13

この記事に関連する記事一覧

コメントは13件です

  1. 匿名 より:

    無知過ぎないか?

  2. 匿名 より:

    救命の医師とかも使ってる

  3. 匿名 より:

    古いという理由だけで使わないのは頭が悪すぎる。
    利点があるから使われてるのをなぜ理解できないのか。

  4. 匿名 より:

    なんか外人の頭の悪さが分かるな

  5. 匿名 より:

    >>日本のほうが中国よりも科学技術に精通していると思ったけど、実際は違うのか。

    >>日本のような技術先進国が現在でも使っているというところに驚きだ。

    だーら、残ってたのは東京エリアの1500人程度のユーザー回線だけなんだよw

    長波長電波のため、電子機器に影響を与えにくく建物内部まで届きやすい特性から、医療従事者や特殊な環境での仕事についてる人に使われてたのな
    NHKワールドにはりついてる五毛より科学技術に精通してるから使ってたんだよ
    わかったらオーバーステイやめて祖国へ帰れ、そのうち洗脳とけて苦しむぞ

  6. 匿名 より:

    見たことないからサービス終わるまでに使ってるところを見たかったな

  7. 匿名 より:

    科学技術に精通してるからとかは関係ないでしょ。
    自分はスマホは必要ないから持っていないし、クレジットカードも使用しない。
    メールよりFAXの方が確実だし、危険が無い。
    現金の方がクレジットカードより安全だし、危機(停電など)に強い。
    EV車よりガソリン車の方が、災害に強いなど、最新技術の方が良いとは限らない。

  8. 匿名 より:

    >ポケベル網が維持されている=先端技術がない

    どうしてそう思った
    閉店商法とかに引っ掛かりそうな思考回路だな

    そもそもこれ千件程度の顧客のために人情保守してたっていう親切な話じゃねえの
    テレメは長年GJだった

  9. 匿名 より:

    周りに持ってる人いなかったなぁ

  10. 匿名 より:

    医療現場も普通に携帯使ってるし、本当に必要にしてる人はもういなくなったんだろうな。
    少ない契約も惰性で放置されてるだけで利用がなく、サービスを維持するコストのほうが高くなってしまったんだろう。

  11. 匿名 より:

    ポケベル50年も前にあったん?まあ、3〜40代が思い浮かべる形状ではないかもだけど、それでもそんな前からあったの?凄くないか?
    僕らが生まれてくるずっとずっと前に月に行ったアポロ11号と同じくらい、またはそれより前にあったってことだろ?凄くない?

  12. 匿名 より:

    呼び出しや通知オンリーならポケベルで十分だからまだ使ってるところはあるだろう。ガラケー支給よりは安いだろうし

  13. 匿名 より:

    サービスの選択肢は多い方がいいに決まってるだろ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント