海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本には見習い制度で鍛冶屋の技術を学ぶところがある」海外の反応

 

今回は鍛冶屋についてです。
動画では高知県四万十町にある鍛冶屋「勝秀鍛冶屋」の師匠(松村幸作さん)と弟子(菊池祐さん)が紹介されています。


 
スポンサード リンク
 



The Ancient Art of Forging Japanese Knives





翻訳元
Yu Kikuchi was tired of his assembly line job.


・今の時代でも未だ徒弟制度があるとは。


・俺は仕事をやめて日本の鍛冶屋の弟子になる。


・弟子になってみたいわ。
誰かと一緒に働くことで、どう考えているの学べるからね。
いつか見つけることができたらなと思う。


・これは素晴らしい動画だ。
特に次の世代へ伝える保守的なやり方を紹介している動画がいいね。
大工の仕事を教えてくれたおじいさんのことを思い出すよ。


・すごくカッコいいけど、とても大変な仕事でもあるよね。


・今回のは廃れているものではなく維持していく伝統的な技術の動画だ。


・鉈(なた)についてはわからないけど、彼が伝えたメッセージは良かったよ。


・トルコにこういう鍛冶屋があるよ。
けど、まきを割れるものより1インチの鋼鉄を貫けるような刃物を作っているんだ。


・日本の刃物は正に日本人のように美しい。


・この男性が長く仕事をしてくれればいいなと思う。


・血と汗が結びついて1つの完璧な刃物になる。


・突き刺すことのできないククリに見える。


・この若い男性はすでに名匠のような考えをしているかようだね。


・誰か見習いをベースにしたアニメシリーズを作るべきだ。

 
スポンサード リンク
 

 

伝統・文化    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 匿名 より:

    >今の時代でも未だ徒弟制度があるとは
    何万もする無名の刃物とか誰が買うん

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント