スポンサード リンク
 
音楽

日本の軍歌「歩兵の本領」海外の反応

  • コピーしました

今回は軍歌についてです。
1911年に発表されたもので、歩兵を謳った歌となっています。


 
 



"Hohei no honryo" - Imperial Japanese Army March




・ベルセルクや進撃の巨人のサウンドトラックのように聞こえるけど、ちょっと気に入ったよ。


・楽器を使っていないところが素晴らしい。
声だけで歌っている。


・現在は自衛隊の歌として使われている。


・ヴァイキング・サーガのように感じるのはなぜだろう。


・とても力強い歌だ。


・ちょっと待て。
なぜヴァイオレット・エヴァーガーデンの歌とすごく似ているように聞こえるんだ?


・マインクラフトのサバイバルモードで村を探している間、これを再生するつもりだ。


・大日本帝国がローマ帝国よりも多く領土を持っていたのを知ったことにすごく驚いた。


・1940年の中国はこういうような感じだな。
なぜ俺はボスの音楽を聴いているんだ?


・たとえ自分がフィリピン人でも、最後まで戦った日本兵を敬意を払うよ。


・この歌を聴いているだけで鳥肌が立つ。


・大日本帝国はイギリス人を倒すのにインド国民軍を助け、インドを独立国家にしてくれた。


・以前聞いたときよりも違う感じがするよ。


・1940年代のフィリピン人になって、この歌が近づいて聞こえてくるところを想像してみな。


・“聞け万国の労働者”と同じだね。


・現在の我々アメリカ人にこの精神があればいいのに。

 
 
 
 
  • コピーしました

   音楽   27

コメントは27件です

  1. 匿名 より:

    歌の中で海軍に注文つけてるの草

  2. 匿名 より:

    よくこんなん探してくるなあ

  3. 匿名 より:

    これ覚えておくと歩くペースが良い感じになります

  4. 匿名 より:

    この軍歌好きだな
    心に染みる

  5. 匿名 より:

    小学校行ってる時よく歌ってたな懐かしいね

  6. 匿名 より:

    今はもやしばかりで恥ずかしいね

  7. 匿名 より:

    適当な数なんだろうけど軍機機密である総兵士数と拠点数を暴露していて笑う

  8. 匿名 より:

    訂正 軍事機密

  9. 匿名 より:

    男塾でこれ歌ってるコマがあったけど、こんな歌だったんだな

  10.   より:

    万事この調子でやってたら、そら負けますわ。

  11. 匿名 より:

    作詞者が13-14歳の頃の詞

  12. 匿名 より:

    正直、馬鹿の歌www

  13. 匿名 より:

    単純に馬鹿とか言えるお前の方が馬鹿だろ…嫌なら日本外のアメリカでもカナダでもオーストラリアでも良いし日本の外で生活しろよ…

    何もできないくせに言うことだけは反日…気持ち悪いよ…

  14.   より:

    これに軍靴の音を重ねて欲しい
    メッチャ昂揚するわ

  15. 1940年代のフィリピン人? より:

    え?
    その頃は、アメリカの植民地でアメリカ人でしょう。
    自分達の歴史くらい正しく覚えなよ。
    マニラは米軍の無差別艦砲で破壊されたけど、それを日本軍の虐殺と摺り込まれているよね。
    本当の虐殺はマッカーサーの父親がしでかしたフィリピン人大虐殺なのを知ろうな、フィリピン人なら。

  16. 匿名 より:

    この歌を元にして、
    ・メーデー歌
    ・北朝鮮の軍歌
    ・ミャンマー軍の軍歌
    がある。
    インドネシアでは独立記念日の行進でこの歌を歌う。

  17. 匿名 より:

    おじさんですが、1970年初頭のアニメ大全集レコードのLP盤のB面はすべて軍歌だった事がありました。
    当時は小学校低学年でしたが、かっこいい歌だなと思って聴いてました。

  18. 匿名 より:

    歌詞のフォントが中国語簡体字フォントなのが色んな意味で残念

  19. 匿名 より:

    食うに困った農家の次男坊三男坊掻き集めて、やれ“大和男子”だ“武士”だ“大和魂”だのと聞いて呆れる
    ロクな戦術もないまま闇雲に突擊を繰り返し大量の無駄死にを出しておいて、何が“日本歩兵の粋”だよ

  20. 匿名 より:

    旧日本軍の部隊戦術自体は同時代の各国と比べてもそんなに悪くないぞ?
    軍の上層部が「損害出しても数突っ込めば必ず勝てる」って
    ”戦闘で損害が出るのは当然”をいつのまにか”自軍の損害を無視すりゃ勝てる”って
    兵士はゴリ押し用の消耗品とガチで考え始めたのが意味わかんねぇだけで。

  21. 匿名 より:

    壺パヨ挑戦がわいてるけど、戦争目的は達成してるので日本の勝ちですw
    勝ったはずのイギリスの恨み節、インド人の言っていることが正しい。

  22. 匿名 より:

    戦術と戦略の区別もできないようなのが湧いてて草
    日本軍も戦術レベルなら相手を大いに悩ましてる
    問題は上にビジョンがまるで無かった点だな

  23. 匿名 より:

    >ロクな戦術もないまま闇雲に突擊を繰り返し大量の無駄死にを出しておいて

    第一次大戦の欧州のことか
    日露戦争の二百三高地とか知ってたはずなのに同じことを繰り返してたよね
    最近だとロシアが似たようなことやってたような

  24. 匿名 より:

    >ロクな戦術もないまま闇雲に突擊を繰り返し大量の無駄死にを出しておいて
    プーチン「私の責任ではないぞ」

  25. 匿名 より:

    戦況が悪くなると作戦に伴う犠牲より一発逆転に賭けるざるを得なくなるのはどの戦争でも一緒だと思うが。

    よく、日本は何故キリがいいところで停戦に持ち込めなかったのかとか、犠牲が大きくなる前に降伏しなかったのかとか後知恵で非難する奴がいるが、実際その当事者になればそんなことができるはずがない。第一次大戦後のドイツの戦後処理見てれば、普通の感覚ならまだ余力があるときにそんな判断ができるはずがない。

    「ロシアにはどうせ勝てないから降伏しちゃいなよ」とウクライナ人に面と向かって行ってしまう橋下みたいな奴。

  26. 匿名 より:

    >歌の中で海軍に注文つけてるの草

    2.26の皇道派の動きを逐一把握して後々予算を引き出すための
    「材料」にしようとしてた卑怯者だったからな帝国海軍は。
    しようと思えば阻止できたのにしなかった。陸軍にマウント取るためだけに
    資料を作成していたのが赦せないはず。

  27. 匿名 より:

    愚かな朝鮮人は
    今の価値観と思い込みで批判するだけ
    物事の本質を摑めないから
    いつまで経っても寄生してしか発展できない

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「日本はロシアに北方領土の侵略をやめるように警告」海外の反応
  2. 「日本の千總の着物がすごく高いのはなぜなのか」海外の反応
  3. 「日本でさえもメイウェザーにうんざりしてるのか・・・?」海外の反応
  4. 「ユニクロはどのようにして品質を維持しながら安い価格で提供しているのだろうか」海外の反応
  5. 「第2次世界大戦で日本が降伏したのはなぜなのか」海外の反応
  6. 「日産1984年式パトロールはこのようになっている」海外の反応
  7. 「日本航空は早ければ2029年にも超音速旅客機を導入できそう?」海外の反応
  8. 「サッカー国際親善試合で日本はエクアドルに0-0で引き分け」海外の反応
  9. 「トヨタは電気自動車の流行に乗らないのはなぜなのか」海外の反応
  10. 「セガが衰退したときに何があったのか?」海外の反応
  11. 「日本とロシアの軍事力をそれぞれ比較してみた」海外の反応
  12. 「日本とイギリスは全く同じ国である?」海外の反応
  13. 「第2次世界大戦で日本はポーランドの宣戦布告を拒否したのはなぜなのか?」海外の反応
  14. 「日本の尖閣諸島を中国が欲しがるのはなぜだろう?」海外の反応
  15. 「1960年から2100年の間のアジア上位20カ国の名目GDPを比較、日本は?」
  16. 『当時の日本の戦闘機「零戦」はこのようになっていた』海外の反応
  17. 『日本とインドの合作アニメ映画で「ラーマーヤナ ラーマ王子伝説」というのがある』海外の反応
  18. 「インドは日本を怒らせたくないから北方領土での軍事演習には参加しない」海外の反応
  19. 「日本語の表記体系は簡単に言うとこうである」海外の反応
  20. 「日本にはオオスズメバチという世界最大級のハチがいる」海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング