スポンサード リンク
 
歴史

「第2次世界大戦で日本はポーランドの宣戦布告を拒否したのはなぜなのか?」海外の反応

  • コピーしました

今回は歴史についてです。
動画では第2次世界大戦で日本はポーランドの宣戦布告を拒否したことについて、宣戦布告前の日本とポーランドの関係性、宣戦布告したときの状況などが紹介されています。


 
 



Why did Japan refuse Poland's declaration of war in WW2? (Short Animated Documentary)




・宣戦布告を拒否することができるとは知らなかった。
知ることができて良かった。


・タイもアメリカに宣戦布告をしたけど、アメリカは拒否したよ。


・宣戦布告を拒否できるのなら、受け入れることもできるということ?


・2018年のサッカーワールドカップでポーランドが日本に勝つことを知っていたからだ。


・日本にとってポーランドを攻撃するのは面倒なことだからだろう。


・単なる戦略だろ。
たくさん敵を作っても仕方ないし。
ヒトラーやプーチンではないのだし。


・国旗が同じ色だからでしょう。


・結論としては、遠すぎるから。


・20世紀初めにポーランドと日本の両国はソ連/ロシアと戦っていたのか。


・20世紀にポーランドが唯一、日本に宣戦布告したことを忘れずに。


・ポーランドの新たな冗談だと思ったのでは(笑)


・日本人はポーランド語を読めなかったんだよ。


・ポーランド人として、ポーランドと日本は友達であったことを知らなかった。


・亡命政府の宣戦布告なんて全く価値がないだろ。


・大した問題ではないと思っていたからでしょう。
それが理由だ。


・興味深い事実として、ポーランド人の戦闘機パイロットは志願兵として中国で日本と戦っていた。


・日本はポーランドと一緒に戦争をしたかったんだけど、ツンデレすぎて認めなかったのさ。

 
 
 
 
  • コピーしました

   歴史   15

コメントは15件です

  1.   より:

    スターリンが領土拡大のために日本、ドイツ、ポーランドを破壊する、という宣言を出していたから日本はその両国と共同戦線を張ろうとしてただけだ。失敗したけど。
    砕氷船理論とかもそうだけど、日本国内の共産主義者(朝日新聞に潜り込ませた尾崎など)に国民に不満を吹き込んで負け必至の対米開戦を煽らせて対米戦争に持ち込んで日本とドイツを破壊しつつ英米陣営を削るのに利用するのが目的だったからな。

  2. 匿名 より:

    大日本帝国政府としては、対応に困るから
    ポーランドという国は、同盟国ドイツの支配受けていて国そのものが消滅していたような常態だし、宣戦布告を受けていたのは、国を失ってイギリスに亡命していたポーランド亡命政府からだったから
    宣戦布告されても戦う相手国が存在しない

  3. 匿名 より:

    ドイツの一部になったにの宣戦布告ってギャグだろw

  4. 匿名 より:

    今の状態で例えると、国も国軍も持たない亡命政府、ローマに居候させてもらっているマルタ騎士団やウィーンに居候しているドイツ騎士団から宣戦布告されるようなものだからw
    軍も国土もない相手にどうしろと

  5. 匿名 より:

    独ソ戦になったから宣戦布告したのだろうけど、せめてそれから数年後のワルシャワ蜂起やポーランド解放されてからやったほうが・・・
    まだ占領中の1941年12月の段階でされても・・・

  6. 匿名 より:

    上海でエロ本売ってた大韓民国臨時政府を世界の誰も相手にしなかったことと同じだな
    ベットするチップも何もない癖に戦争という賭け事に手を出すな

  7. 匿名 より:

    ポーランド難民を受け入れて、それを恩義に感じていたからというのは嘘か?
    当時難民として日本に来ていた何人かは大戦中には日本の工作員として活動していたし、
    ナチから狙われていた人を日本大使館が守っていた。

  8. 匿名 より:

    ポーランドの日本大使館は、1939年9月のドイツ・スロバキア連合軍のポーランド侵攻でポーランド政府とともに大使館員全員ルーマニアに国外退避。
    占領中のドイツの許可を得て同年11月に大使は再度ポーランドの日本大使館に戻ってきて開館。
    ポーランド亡命政府はその後パリに亡命、日本政府もパリの亡命政府承認。
    1940年6月、パリ陥落、ポーランド亡命政府はロンドンに亡命。
    同年9月に日独伊三国同盟締結。
    1941年6月、独ソ戦開始、同年10月にポーランド日本大使館閉鎖。
    同年12月に日米開戦、そしてロンドンのポーランド亡命政府が日本に宣戦布告。

  9. 匿名 より:

    戦後ソ連弱体化に伴いサンフランシスコ条約不参加の諸国と日本は個別に和平条約を結んだが、ポーランドとは結ばなかった。戦争状態にあった事実が無いから。

  10. 無し より:

    ドイツのナチスと日本は違います

  11. 匿名 より:

    ロシア革命後の内乱時にシベリアに多数発生したポーランド人孤児は、ロシア・ポーランド間に戦争も起きたからシベリア鉄道を使って故国に帰ることもできず
    1920年、日本政府・日本赤十字社はウラジオストクから765人のポーランド人シベリア孤児を救済して日本に受け入れポーランドに送った。

  12. 匿名 より:

    今も変わらず、日本以外のスパイしかいないマスゴミを取り締まる法案作らないとね
    マスゴミが戦争を煽ったんだぞ、朝日は何も責任を取っていない
    今と違って世論形成するのにマスゴミは絶大な影響を持ってた

  13. 匿名 より:

    よく知らんけど、ポーランドがドイツ領土になっていたので、臨時政府とはいえ宣戦布告を受けるっていうのは「相手を一国の政府として認める」ってことになるんで、ドイツの手前、認めるわけにはいかなかったのではないか?
    ポーランドはすでにドイツになっているという前提だから、まだポーランドが残っていてはドイツに対して領土返還などの問題が起きることになるし
    中国に対する台湾政府を認めるか否か、みたいな

  14. 匿名 より:

    ポーランド建国の父ピウスツキは日露戦争でロシア兵として徴用された
    ポーランド人捕虜達をロシア兵と分けて収容するよう日本に依頼していた
    彼には子供がいなかったが彼の兄と樺太アイヌの妻との間に生まれた子供の子孫が日本にいる

  15. 匿名 より:

    外人の反応のことごとくが「当時イギリスにいた亡命政府」が宣戦したことをスルーしているのは、まあいつもの如くか。外人、本当に専門家以外は細かいこと一切思考に入らないから……。
    ポーランド亡命政府としては、「国家」としての正統性と存在感を示したかっただけだろうな。
    帝国が拒否ったのは、ドイツのポーランド占領に反するから。という単純な話でしかなかろう。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「日本はロシアに北方領土の侵略をやめるように警告」海外の反応
  2. 「日本の千總の着物がすごく高いのはなぜなのか」海外の反応
  3. 「日本でさえもメイウェザーにうんざりしてるのか・・・?」海外の反応
  4. 「ユニクロはどのようにして品質を維持しながら安い価格で提供しているのだろうか」海外の反応
  5. 「第2次世界大戦で日本が降伏したのはなぜなのか」海外の反応
  6. 「日産1984年式パトロールはこのようになっている」海外の反応
  7. 「日本航空は早ければ2029年にも超音速旅客機を導入できそう?」海外の反応
  8. 「サッカー国際親善試合で日本はエクアドルに0-0で引き分け」海外の反応
  9. 「トヨタは電気自動車の流行に乗らないのはなぜなのか」海外の反応
  10. 「セガが衰退したときに何があったのか?」海外の反応
  11. 「日本とロシアの軍事力をそれぞれ比較してみた」海外の反応
  12. 「日本とイギリスは全く同じ国である?」海外の反応
  13. 「第2次世界大戦で日本はポーランドの宣戦布告を拒否したのはなぜなのか?」海外の反応
  14. 「日本の尖閣諸島を中国が欲しがるのはなぜだろう?」海外の反応
  15. 「1960年から2100年の間のアジア上位20カ国の名目GDPを比較、日本は?」
  16. 『当時の日本の戦闘機「零戦」はこのようになっていた』海外の反応
  17. 『日本とインドの合作アニメ映画で「ラーマーヤナ ラーマ王子伝説」というのがある』海外の反応
  18. 「インドは日本を怒らせたくないから北方領土での軍事演習には参加しない」海外の反応
  19. 「日本語の表記体系は簡単に言うとこうである」海外の反応
  20. 「日本にはオオスズメバチという世界最大級のハチがいる」海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング