海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

日本の軍歌「抜刀隊」海外の反応

 

今回は軍歌についてです。
1885年に大日本音楽会演奏会で発表されたもので、現在も陸上自衛隊や警視庁などが使用しています。


 
スポンサード リンク
 



"Battotai" - Imperial Japanese March




・現在の日本は帝国とは別物だよな。


・ちょっと80年代のアニメのオープニング曲のように聞こえる。


・第2次世界大戦のアメリカの歌よりも良いね。


・この歌を聞いていると、国のために死ぬまで戦争で戦うというような感じになるよ。


・アニメのために作られた歌のように聞こえる。


・今、天皇のために万歳をしたくなるね。


・「遥かなティペラリー」か「オーヴァーゼア」の日本版のような感じがするよ。


・新しい日本の軍歌もこれと似たようなものがある。


・日本は再び満州を侵略し、香港を助けるべきだ。


・これを朝鮮人に見せたら、僕を殴ってきた。


・この歌には敵を尊重していることを示す歌詞があるし、日本人の精神がわかるよ。


・これまで、これほど勇敢な精神のある音楽を聞いたことがなかった。


・1.5倍速でこの音楽を聞いたら、かなり良いぞ。


・大音量で流したら、隣の中国人がパニックになって荷造りをし始めた。


・たとえこの歌には暗い歴史があっても、愛さずにはいられないよ。


・もっと激しいものだと思っていた。
歌詞が見れるよ。


・インターネット上の友達の1人が新しいアニメのテーマソングを聞きたがっていたから、これを流したよ。

 
スポンサード リンク
 

 

音楽    コメント:10

この記事に関連する記事一覧



コメントは10件です

  1. 匿名 より:

    作曲はフランス人ですよ

  2. 匿名 より:

    これ内戦の時の警視庁の部隊の曲だけどな

  3. 匿名 より:

    なんで敵の将や兵士をばっかり褒めてんの?
    パヨクが作ったわけ?
    西郷さんが怒るよ

  4. 匿名 より:

    「敵の大将」ってのが西郷さんのこと
    日テレの「田原坂」は良かった

    「警視庁抜刀隊」って、中二心にヒットするよなw

  5. 匿名 より:

    宮さん宮さんで追われ
    会津で死ねなかった斎藤一の
    テーマソング

  6. 匿名 より:

    「抜刀隊」は西郷軍の斬り込みに対抗すべく、警視庁の士族から選抜された政府軍の白兵戦部隊。
    なんで敵の将兵を褒めてるのかは、江藤淳の『南洲残影』を読んでみてくれ。

  7. 匿名 より:

    >なんで敵の将や兵士をばっかり褒めてんの?

    そんな強い敵を前にしても俺たちは怯まないって決意表明だよ
    弱い相手に無双したって始まらんだろ

  8. 匿名 より:

    警視庁抜刀隊には旧幕臣や会津藩士の生き残りなど、かつて朝敵として新政府と戦った元士族も多く、薩摩軍に対し「維新の復讐!」と叫んで突貫する者も多くいたらしい

  9. 匿名 より:

    防衛大学で使うのにサヨクを抗議して
    それに屈して使われなくなったはず。

  10. 匿名 より:

    なぜか旧会津藩や幕臣の士族の方ばかり有名になってるが、警視庁抜刀隊の中心は同じ薩摩士族だよ
    同じ元薩摩藩士、この歌で敵を称える悲しさも分かる

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント