海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「日本をヨーロッパに重ねて大きさを比較」海外の反応

 

今回は日本の大きさについてです。
日本をヨーロッパに重ねて大きさを比較しています。


 
スポンサード リンク
 






翻訳元
The real size of Japan over Europe


・バチカンよりも大きいってことでしょう。
夢にも思わなかった。


・大きいけど細いな。
道路網が酷くない限り、どこからでも海に簡単に行けそうだし。


・これはすごく役立つ。
どう小さな島がこれほど大きな経済力を持っているかと思っていたから。


・ヨーロッパがどれだけ小さいのかというのを思い出すと、いつも驚くよ。


・けど、これって本当のヨーロッパの大きさなのか?


・スペインと同じような大きさに見えるけど、スペインは約500,000km²で日本は約380,000km²なんだよな。
そう見えるのはなぜなんだ?


・中国を重ね合わせたらどれくらい大きいのかなと思うよ。
というのも、日本は中国の隣にあるから小さく見えるし。


・これほど大きな島/国なのに言語の多様性がほとんどないということに驚いた。


・日本はどのヨーロッパの国よりも大きくて人が多いというのが面白いよね。
けど、日本にいる人たちと話すと、日本人は謙虚に小さな島の出身であるかのように振る舞うよ。


・日本をとても人口がとても密集している小さな島だと見ていたから、これで総体的に把握できるよ。


・日本はドイツと土地の広さがほぼ同じか。
マジで・・・。


・九州はサルデーニャ島よりもちょっと大きくて、四国はコルシカ島よりもちょっと大きいのか。
それと北海道はベネルクスとほぼ同じくらいだね。


・日本はカリフォルニアとほぼ同じ大きさであることに間違いないと思うよ。


・日本は思っていたよりも大きいな。


・日本はアジアのイングランドだ。


・日本はどのヨーロッパの国よりも力がある。

 
スポンサード リンク
 

 

質問・疑問    コメント:11

この記事に関連する記事一覧

コメントは11件です

  1. 匿名 より:

    中国やらロシアの近所だからってのあるけど、History of Japanの動画とかで、ヨーロッパの地図の上に日本がある演出の時に意図的か知らんけどかなりちっさくしてたりするからなぁ

  2. 匿名 より:

    言語の多様性が無いとかシッタカ乙としか。
    実際の緯度は札幌と南仏マルセイユがほぼ同緯度。
    東北地方とスペインや南イタリアが同緯度だから、ヨーロッパの気候が暖流と偏西風のおかげでいかに恵まれているかってことが分かる。

  3. 匿名 より:

    国土の半分くらいは山
    生まれて初めて見た地平線は外国だった
    爺さん婆さん世代になると
    北と南じゃ会話にならないと思うよ

  4. 匿名 より:

    何故このネタが海外反応系ブログで定期的に投稿されるかというと、海外反応オタク達が食いつくネタだからだ。

    海外反応オタクにはネトウヨが多く、愛国心が過剰だ。
    そいつらには「日本の面積は狭い」という強いコンプレックスがある。
    だからこそ、外国人から「日本って案外広いじゃん」という感想を聞くと、大喜びしてしまうんだ。

  5. 匿名 より:

    EEZも入れて比較してみろって話

  6. 匿名 より:

    >国土の半分くらいは山

    国土に占める可住地の割合は日本が27%なのに対し、ドイツ67%、フランス73%、イギリスに至っては85%。
    可住地面積だとイギリスですら日本の2倍も有し、ドイツは約2.3倍、フランスは3倍近くも有する。

  7. 匿名 より:

    >・これほど大きな島/国なのに言語の多様性がほとんどないということに驚いた。

    こいつ何にも知らないだろ。
    みっちり日本語勉強してから青森とか行ってみて欲しい。

  8. ピカチュー☆彡 より:

    っていうよりもヨーロッパが驚くほど小さいんだよ
    オーストラリアより小さいんだぞ。

  9. 匿名 より:

    日本だって驚くほど小さいぞ。
    オーストラリアの20分の1しかない。

  10. 匿名 より:

    今の若者世代あたりからは言語の多様性はなくなりつつあるが
    今の現役のじっちゃん世代はヤバいだろ
    地元の人間ですら何言ってるかわからんことあるレベルだし
    北から南まで言語の多様性すごいぞ
    青森と沖縄の老人同士で会話が成立するとは思わん

  11. 匿名 より:

    沖縄の老人も青森の老人も会話を成立させることはできる
    なぜなら方言だけじゃなく標準語も話せるから。
    地方の老人達は話す相手に合わせて言葉を変える柔軟性をちゃんと備えていて、老人同士の時は方言でも若い人と話す時は標準語に切り替えて話す。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント