海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「たまごっちが北米で現代の技術を搭載して復活」海外の反応

 

今回はたまごっちについてです。
たまごっちの新製品「タマゴッチ・オン・ワンダー・ガーデン」が7月26日に北米で59.99ドル(約6400円)で販売されることになりました。


 
スポンサード リンク
 






翻訳元
The Tamagotchi is back



・90年代の終わりにこれで遊んでいたよ。
良い思い出だ。


・これにハマっていたわ。


・スマートウォッチのアプリとして作ったほうが良かった。


・これはすごく懐かしい。
前回は子供だったから。


・本来のものではないね。
昔のピクセル化したものを復活させて。
クリックしているアイコンが何なのか見づらいし、たまごっちがそんなに可愛くないし。


・精神的に苦しめるために、いとこたちに買ってあげるわ。


・今でも初代のたまごっちを持っている・・・。


・4年前に1つ2ドルのものを6つ買ったよ。
見つけるのは難しくない。


・90年代の昔のものを2つ持っているけど、今でも動くね。


・僕のは死んでしまったな。
たった1日やって死んでしまったよ。


・リュックにたまごっちを入れていたな。
気に入った。


・全く役に立たないだろう・・・なぜこんなゴミを復活させた?


・これを買って、また食べさせ過ぎることができる。


・ほしいけど、60ドルなんだ。


・数年、続けて復活させているね。


・人類の退化を締めくくる完璧な装置だ。


・ソファのところでなくして、飢え死にさせてしまったわ・・・。
そのときの記憶が。


・たまごっちナノを復活させる必要があるよ。

 
スポンサード リンク
 

 

商品・道具    コメント:16

この記事に関連する記事一覧



コメントは16件です

  1.   より:

    復活させるアイデアは別にいいけど、進化の方向がズレてる気がする

  2. 匿名 より:

    60ドルは流石に草
    たまごっち全盛期の転売屋思い出すわ

  3. 匿名 より:

    なんか技術ってたいして進歩してないんだなって

  4. 匿名 より:

    日本でも去年復活してたんだな
    全然話題になってない気がする

  5. 匿名 より:

    スマホのアプリでこんなのとは比較にならない、もっと上があるからな

  6. 匿名 より:

    ヒュンダイの技術を投入

  7. 匿名 より:

    鬼滅の刃 × たまごっち=きめつたまごっち
    の存在をまだ知らないようだな

  8. 匿名 より:

    高すぎ新作

  9. 匿名 より:

    実は日本ではずっと続いてて定期的に出てる
    たまごっち同士で通信して結婚して子供が生まれたりする

  10. 匿名 より:

    すごい!カラーになってる!

  11.   より:

    当時もなんでこんなもんに皆夢中なのかと疑問に思ってたのに、今時これを6400円も出して買う人が居るんだろうか。

  12. 匿名 より:

    たまごっちが6400円wwwww

  13. 匿名 より:

    なんでこんなコンパクトみたいな体型にしちゃったんだよ?
    薄型にするならべつに携帯アプリやスウィッチでいいだろ
    価格も子供が小遣いで買うには高すぎる
    いい歳した大人なんかターゲットにしてアホかよ

  14. 匿名 より:

    スマホアプリでいいのにそうしない所が商魂

  15. 匿名 より:

    当時の方が高いわ
    今の7000円ってすぐなくなるでしょ

    スマホカバーに数万かける世代だぞ

  16. 匿名 より:

    復活とか去年とか何言ってんの
    ほぼ毎年新商品出してるよ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント