海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「とある日本の水族館で人間の存在を忘れないようにチンアナゴにビデオ通話をしてほしいと呼び掛けている」海外の反応

 

今回はチンアナゴについてです。
新型コロナウイルスの影響で閉館状態が続いている東京スカイツリー内にある「すみだ水族館」で、飼育しているチンアナゴが人間の存在を忘れ始めて砂に潜って隠れてしまう状況になっています。

そこで人間を思い出させるためにビデオ通話をしてくれるように呼びかけています。
*使えるのはiPhoneやiPadにあるアプリ「フェイスタイム」


 
スポンサード リンク
 






翻訳元
Eel meet again!



・これはおとぎ話のようなものかもね。


・タブレットを使って人間の動画を流してみては。


・きっと自分の妻と話すよりも生産的かも・・・。


・リンク先のページを開けないけど、カメラのように見えるね。


・これは彼らの生まれ持った自然な行動なのかも。
自然環境の中にいたら、人間の訪問を受けることはないしね。
人間を見かけたら、砂の中に隠れるだろう。


・チンアナゴが大好き。
去年、初めてリスボン水族館で見たんだけど、心を奪われたわ。


・不機嫌そうな小さな顔を見てみな。


・きっとチンアナゴは美味しいんだろうなと思う。


・チンアナゴと話すのにFacetimeのあるiPhoneが必要だわ。


・何か暇つぶしになるようなものだね。


・可愛いんだけど、悲しいことに私はアンドロイドを使っているの。
会話してみたい。


・社会的に交流する新たな方法か?


・会話をしてみたい唯一のアナゴ種だ。


・タブレット上で会話をして、ハマってしまったらどうなるかな。


・チンアナゴの許可を得ているのか?


・アンドロイドのスマホだから、チンアナゴと話せない。


・ここに人生で一度の魚とコミュニケーションを取るチャンスがあるわね。


・新しい友達を作りたい?

 
スポンサード リンク
 

 

動物・生き物    コメント:1

この記事に関連する記事一覧



コメント1件

  1. 匿名 より:

    本来の正しい生態を取り戻したチンアナゴをまた人慣れさせようってか…
    水族館の本来の目的とは何なんだろう

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント