スポンサード リンク
 
スポーツ

「空手とブラジリアン柔術を比較、どちらが良いか?」海外の反応

  • コピーしました

今回は武術についてです。
動画では空手とブラジリアン柔術の歴史や特徴などが紹介されています。


 
 



Karate vs Brazilian Jiu Jitsu - Which Martial Arts Is Better?




・両方とも状況によって強みと弱みがある。


・この動画では近代空手と古流空手が混同していると思う。


・ブラジリアン柔術は技術の低い人には簡単だし、技術の高い人なら空手のほうがいい。
単純だろ。


・ブラジリアン柔術は1人としか戦えないが、空手は400人と戦える。


・本当に重要なただ1つのことは、それを使う人だよ。


・この疑問はUFCですでに答えがある。


・プレイステーション対XBoxみたいだな。
どちらが良いのかみんなわかっている。


・ブラジリアン柔術はパンチやキックはできないからね。


・両方合わせたほうがさらに良いだろう。


・1対1ならブラジリアン柔術が勝つと思うけど、集団相手に戦うのなら空手が勝つと思う。


・総合格闘技を見ている者として、ブラジリアン柔術のほうが実用的だと思う。


・対戦相手にもよるね。


・両方の武術を混ぜて、戦いの中で必要なほうを使いなよ。


・格好良く見せたいのなら空手を習いな。
真剣勝負に勝ちたいのならブラジリアン柔術を習いな。


・路上では相手を地面にねじ伏せることはできないぞ。


・両方の黒帯を持っているけど、空手のほうが圧倒的に良いというのことが言えるよ。
ストリートファイトで地面に体をつけたくないだろ。


・ブラジリアン柔術は複数の相手には効率的ではない。
ここでの複数の相手は逃げている相手という意味だけど。

 
 
 
 
  • コピーしました

コメントは23件です

  1. 匿名 より:

    ブラジリアン柔術って、そもそも日系移民由来ちゃうんかい!

  2. 名前 より:

    スポーツ空手なら柔術のほうが良い。本来の空手なら投げ技もあり、それどころか棒もある。柔術にも当身とか蹴りもある。

  3. 匿名 より:

    タイマンなら柔術、多対一なら空手

  4. 匿名 より:

    投稿者は柔術とブラジリアン柔術って分けて考えているのか……?

  5. 匿名 より:

    柔術自体が時代や系統によって技術体系(主に想定している状況や訓練方法含む)が異なるので、ブラジリアン柔術って限定するのはむしろ自然では

  6. 匿名 より:

    タイマンで柔術ってのも上級者の話な。
    空手家相手にタックルで倒せると思わん方がいい。

  7. 匿名 より:

    この手の話は「誰が」「どのような状況で」「何を目的として」「どのような手段を取るか」という状況設定をしないと何の意味もない

  8.  YO ♬ YO ♬ より:

    有名な関口柔心は三四郎の「猫」のモデルでもあるが、
    牛を殴り殺した人でもある。

    空手ではないが打突もありだったのだ。

  9. 匿名 より:

    ストリートなら柔道一択
    硬い地面に叩きつけられたら一発で動けなくなる

  10. 匿名 より:

    UFCでの戦いなんて全く当てにならん
    グローブしてるし
    そもそも反則がある時点で空手だろうが柔術だろうが真の強さを測れていない

  11. 匿名 より:

    警官の殉職者は組技系が多い

  12. 匿名 より:

    空手と比べるのは違うと思う
    ボクシングと比べるようなものだろう

  13. 匿名 より:

    >そもそも反則がある時点で空手だろうが柔術だろうが
    >真の強さを測れていない

    そうでもないと思うけどな
    反則って金的とか目潰しになるが、その急所を狙うことが目的化してしまうと
    そこを潰して勝ったからといって格闘技として上なのかとなると、
    なんか違うという気にならないか?
    反則を設けることによって、かえって格闘技本来の強さが測れると思うがな

  14. 匿名 より:

    両方の基礎部分だけをしっかりやるのが一番いいが、一つだけ選ぶなら柔術。
    組技を知らないストライカーは正直言って弱い。
    組まれたら終わりという意識が強すぎて、腰が引けた打撃しかできないし、実際組まれたら攻め気をほとんどなくしてしまう。
    対して組技系の方は、数発貰う覚悟で強引に組みに来る。こっちの方が勝ちやすい。

  15. 匿名 より:

    空手に決まってるだろ。いなして壊す。
    大体、複数で勝てないものがサシで勝てるか。

  16. 匿名 より:

    寝技はわちゃわちゃやってるところを他のやつにサッカーボールキックされる危険性があるからなあ
    頭蹴られたら終わりやで
    ナイフ有りだと組技は不利だし
    柔道経験者の警官が犯人に斬られるから問題になってる
    外国だと喧嘩にナイフ持ち出すのも珍しくないし
    そうなると組技の稽古を多少やった空手がいいんじゃないかなと

  17. 匿名 より:

    寝転んでベタベタするとか無理(ヾノ・ω・`)

  18. 匿名 より:

    タイマン柔術圧勝だろ
    服を掴まれたら速攻終了

  19. 匿名 より:

    競技ならブラジリアン柔術。なんでもありなら、目潰し金的とか普通禁じ手をちゃんと練習した空手。殺傷の危険あると飛び込めないよ。ナイフ持った相手にタックル怖いだろ。

  20. 匿名 より:

    空手ってさぁグローブしてたら大した事ない
    グローブ付けてならキックボクシングの方が強い
    けど素手なら強い
    何故なら有段者はくるぶしを潰して硬くするから
    手にハンマー持ってるような状態
    だからUFCでは本当の空手は使えない
    グローブしてるから

  21. 匿名 より:

    >そもそも日系移民由来ちゃうんかい!
    日本人柔道家の前田光世がブラジル人に教えたんだよ
    一番目の書きこからあほ晒すなよ

  22. 匿名 より:

    ムエタイやったほうがいいぞ。
    首相撲ちゃんと出来れば、そうそう倒されなくばるし。

    フルコン黒帯とってもも顔面無いし。

  23. 匿名 より:

    相手にナイフ有の想定をするなら、よほど特殊な状況でもない限りはそもそも近づかずに安全地帯から飛び道具で無力化するか防刃装備を着込んだ複数人で大型のライオットシールド構えて囲んで叩くのが正解だし、接近した状態で相手が突然ナイフを出して来たら全力で逃げるのが正解。相手がヤクをやっている場合とかは痛覚も恐怖心もあったもんじゃないので制圧する事自体が難しい。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「大谷が14号&15号の2本の3ランを含む自己最多の1試合8打点」海外の反応
  2. 「とある日本のバーのお酒の氷はこうやって削っているのか・・・」海外の反応
  3. 「日本ではプラスチックをこのようにしてリサイクルしている」海外の反応
  4. 「日本の健康診断を受けて、その結果が届いたけど・・・」海外の反応
  5. 「日本のメディア(書籍)はインドは次の超大国になるだろうと言っている」海外の反応
  6. 「日本にある2つの面白いカプセルホテルを比較」海外の反応
  7. 「日本では6月としては記録的な猛暑が続き、電力需給が逼迫している・・・」海外の反応
  8. 「日本から取り寄せた手彫りのコーヒーテーブルに飼っている子犬の噛んだ跡が・・・」海外の反応
  9. 「日本の高級包丁を貸したら刃がボロボロに・・・」海外の反応
  10. 「これが日本版のアベンジャーズ?」海外の反応
  11. 「日本にはオオスズメバチという世界最大級のハチがいる」海外の反応
  12. 「日本が初めてNATO首脳会議に参加へ」海外の反応
  13. 「日本には充電式ファンジャケットというものがある」海外の反応
  14. 「日本の戦国時代に弥助という黒人侍がいた」海外の反応
  15. 「大谷が12号2ラン&7回1失点でチームの連敗を14で止める4勝目」海外の反応
  16. 「日本とイギリスは全く同じ国である?」海外の反応
  17. 「井上尚弥が日本人初の3団体王座統一王者!」海外の反応
  18. 「日本の円が下落しているのは日銀が故意に通貨を下落させているから」海外の反応
  19. 「京都市は本当に破綻してしまうのだろうか?」海外の反応
  20. 『当時の日本の戦闘機「零戦」はこのようになっていた』海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング