スポンサード リンク
 
商品・道具

『ソニーは世界で最初に有機ELテレビ「XEL-1」を販売していたのか・・・』海外の反応

  • コピーしました

今回はテレビについてです。
当時販売していた有機ELテレビ「XEL-1」がどのようなものか、実際に使用して紹介しています。


 
スポンサード リンク



 




Sony XEL-1 The first OLED TV




・最初はソニーのトリニトロンかと思った。


・11インチではなく32インチのテレビのようなものかと思っていたのに。


・今現在に販売していたら、素晴らしい台所用のテレビになっているだろうね。


・2020年を基準にしても、このテレビはかなり薄いよ。


・パソコンのモニターとしてこれを使うことが可能なの?


・モニターとしては完璧だろ。


・このテレビ1台見つかったのはすごく運が良かったと思う・・・。


・オークションサイトで日本モデルであるこのテレビ1台、約1000ドルで売っているのを見かけた。


・ミニチュアテレビみたいだ。
これが実在していたとは信じ難い。


・ロンドンの科学博物館でこれを見て、何だこれはと思ったね。


・このテレビのデザインが気に入ったよ。
未来から来たようなものだからね。


・ヨーロッパのものとアメリカのものの2台を持っていた。
その2台にはいくつか違いがあるよ。


・PS Vitaは有機ELディスプレイを採用していたし、多くのスマホにも採用していたよね。
ソニーの技術は死んでいない。


・地元にあるベスト・バイ(Best Buy)のお店で販売していた。
残念だけど11インチのテレビに2500ドルは納得できなかったな。


・発売したときはすごく良かったことを覚えているよ。


・このテレビを使わなかった理由を考えることができる。
小さいから。


・2008年のソニーのイベントで直接、このテレビを見た。
テレビの映像に魅了されたけど、テレビの大きさに戸惑ったね。


・ほしいけど、これを見つけても、たくさんのお金がかかりそうだ。

 
スポンサード リンク



 
 


 
  • コピーしました

コメントは18件です

  1. 匿名 より:

    最初これ見た時は奇麗な発色だったから感動した
    でも今の有機ELは全然そうは感じないんだよなぁ

  2. 匿名 より:

    当時は画期的だったんだが、今は液晶の技術が進み有機ELと大差ない画質だからな。技術の特許切れ+コモディティ化によるTV自体の価格が急低下もしてテレビ製造産業がまったく旨味がなくなってしまった。昔のようにTV一台の価格が先進国国民の月給分くらいになれば、技術開発投資進み面白くなるだろうが

  3. 匿名 より:

    サムスンLGに技術者引き抜かれたんかね

  4. 匿名 より:

    俺も店頭で初めて見た時、美しい色に感動したな。
    これからすごい製品がもっと出てくるんだと思ったのに、そうでもなかったよね

  5. 匿名 より:

    ちょうど2007年ぐらいに発売でウォークマンやらELディスプレイを搭載したけど
    液晶ディスプレイの普及とリーマンショックのソニー本体の大苦境も相まって開発中止
    サムスンLGが引き抜いて事業化
    vitaにサムスン製のELディスプレイ乗せたときは残念な気持ちになったね

  6. 匿名 より:

    >でも今の有機ELは全然そうは感じないんだよなぁ

    韓国勢のOLEDは白色発光素子+カラーフィルター方式といった簡単な技術で安価なタイプだからだよ(OLEDもどき)
    ソニーのこれは三色発光素子方式(本来のOLED)

    極端な話、カラーフィルム貼った白黒インベーダーとカラー対応インベーダーの違い

  7. 匿名 より:

    あの頃の液晶だと細かい部分のジャギーが目立って早い動きについて行けなかったから、デモ画面のスターウォーズだっけ?のアクションシーンのスピードについて行けて細部も綺麗だったから、将来は主流なると思ったな。
    携帯電話も有機ELの画面のやつを使っていたな。明るい場所だと画面が見辛いって欠点があったんだよね。
    色々問題があって次世代技術に開発が移行して、液晶も改良されて、ソニーが手放したのは悲しかった。

  8. 匿名 より:

    XEL-1持ってたわ
    小さかった・・・

  9. 匿名 より:

    ソニーとパナソニックの合弁会社JOLEDの有機ELパネル(印刷方式)を使って、中国企業がテレビを製造することになった。
    LGとは価格競争になるのかな。

  10. 匿名 より:

    技術が有っても商売下手なのはどうしようもないな
    早けりゃいいってもんでもないしな

  11. 匿名 より:

    >でも今の有機ELは全然そうは感じないんだよなぁ

    といってもPCでも安価なIPSモニターよりよっぽどきれいよ。
    ソースはDELLのOLEDモニター使ってる俺。

  12. 匿名 より:

    今も昔も有機ELなんてクソだわ
    欠陥品でしかない

  13. 匿名 より:

    こういうのでも最初は大事だが、そこまで大事かというとそういうわけでもないんだよなあ。
    アイデアから作ったらすごいが、最終的にはこういうのは実現性、もしくは、勝つ事だからね。
    今の量子なんとかとかも、Googleがある段階を越えたとか言っているけど、一つのマイルストーンとして重要かもしれないけど、最初にやったというだけなんだよね。

  14. 匿名 より:

    最初というか、先出し、延長線上の途上というか。

  15. 匿名 より:

    有機ELはこのTVが出る前からガラ携では既に使われてたな、何れにしても開発してたのは日本だから、その幾つかのライセンスを韓国に売った

  16. 匿名 より:

    有機ELって10年も持つの?

  17. 匿名 より:

    テレビとしては寿命が短いからメインストリームにはならなかったな。
    捨てられた技術が拾われて、使い捨て同然のスマホで採用され手今に至ると。
    そして安物低技術業者がばかりがのさばり、技術の進歩が滞ってる世の中。

  18. 匿名 より:

    テレビでは利益が出ないだろうけどスマホでソニーがこれほど後塵を拝するのは納得できいないよ。何をやっているんだか。マーケティングや投資戦略で間抜けだったとしか思えない。本来は機能的にはスマホ自体、かつて生活スタイルまで提案してきたソニーが開発しなければならないものだったはずだが、OSの作成能力で下の下だったのが全ての敗因といったところかな。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント



プロフィール

Author:clown

2013年からFC2ブログで
海外の反応ブログを始めて
2018年からワードプレスに変更。

ここまで長く続けられたのは
楽しいから。

これからも楽しく
続けていきたいです。

以前のブログはこちら
↓↓↓
海外の反応ジャーナル(FC2ブログ)

人気ページランキング
  1. 「アップル社は日本のスマホ市場をどのように支配したのか?」海外の反応
  2. 「松山英樹が日本人初のマスターズ制覇!」海外の反応
  3. 「1970年当時の日本で航空機ハイジャック事件があった」海外の反応
  4. 「当時、日本のアイスクリーム会社はアイスを値上げすることについて謝罪するコマーシャルを作っていたのか・・・」海外の反応
  5. 「日本と北朝鮮が戦ったら、どちらが勝つだろうか?それぞれの軍を比較」海外の反応
  6. 「日本の玉鳥の手引きノコギリはこういうような感じになっている」海外の反応
  7. 「ファイナルファンタジー7リメイクのオーケストラコンサートワールドツアーのトレーラーが公開」海外の反応
  8. 「日本のホテル従業員(アパホテル)の1日の生活はこのようになっている」海外の反応
  9. 「日本の副総理に中国が処理水を飲んでみてと発言」海外の反応
  10. 「日本政府が福島第一原発の処理水を海洋放出することを正式決定」海外の反応
  11. 「東京湾の埋め立て地はゴミを燃やしてできた灰を使っている」海外の反応
  12. 「日本は中国空母を監視するために護衛艦を派遣」海外の反応
  13. 「大谷が初のMLBで初のリアル二刀流で出場」海外の反応
  14. 「大谷が7回1安打無失点12奪三振で2勝目!7回途中までパーフェクト!」海外の反応
  15. 「日本には柿という国民的果物がある」海外の反応
  16. 「日本とイギリスのパトカーを比較」海外の反応
  17. 「日本にはマイクロブタと触れ合える豚カフェがある」海外の反応
  18. 「日本と韓国を様々な点で比べてみた」海外の反応
  19. 『日本の最新鋭の3000トン型潜水艦「たいげい」が進水』海外の反応
  20. 『ソニーが新型スマホ「Xperia 1 III、Xperia 5 III、Xperia 10 III」を発表』海外の反応
カテゴリー
検索フォーム
アーカイブ
最近のコメント
人気ブログランキング
相互RSS


リンク集

海外の反応ブログ

 
 
 
 
 
 
 

2chまとめ

 
 
 

アンテナサイト

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
週間アクセスランキング