海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「サッカーアジア杯の初戦で日本はトルクメニスタンに3-2で勝利」海外の反応

 

今回はサッカーについてです。
サッカーアジアカップでグループFに入っている日本はトルクメニスタンと対戦し、3-2で勝利し、勝ち点3を手に入れました。


「サッカーアジア杯の初戦で日本はトルクメニスタンに3-2で勝利」海外の反応の続きを読む »»

 

スポーツ    コメント:8

『日本には「いす-1グランプリ」という事務用椅子を使った耐久レースがある』海外の反応

 

今回はレースについてです。
1チーム3人で事務用椅子に座って後ろ向きで2時間走り続ける耐久レース「いす-1グランプリ」が紹介されています。


『日本には「いす-1グランプリ」という事務用椅子を使った耐久レースがある』海外の反応の続きを読む »»

 

スポーツ    コメント:8

「紀平梨花がGPデビューシーズンでGPF初制覇!」海外の反応

 

今回はフィギュアスケートについてです。
前半のショートプログラムで首位の紀平梨花選手はフリーで150.61点を出し、ショートとの合計を233.12点で優勝しました。
GPデビューシーズンでのファイナル制覇は浅田真央選手以来、13年ぶりとなります。


「紀平梨花がGPデビューシーズンでGPF初制覇!」海外の反応の続きを読む »»

 

スポーツ    コメント:23

「紀平梨花がGPFのSPで世界最高得点を更新する82.51点で首位」海外の反応

 

今回はフィギュアスケートについてです。
カナダのバンクーバーで行われているグランプリファイナルで紀平梨花がショートプログラムで世界最高得点を更新する82.51点を出し首位に立ちました。


「紀平梨花がGPFのSPで世界最高得点を更新する82.51点で首位」海外の反応の続きを読む »»

 

スポーツ    コメント:21

「日本には競輪という魅力的な自転車レースがある」海外の反応

 

今回は競輪についてです。
動画では競輪についてのこと(収益、年収、レース内容、競技場、観客席、自転車、選手など)が紹介されています。


「日本には競輪という魅力的な自転車レースがある」海外の反応の続きを読む »»

 

スポーツ    コメント:9

「右足首を負傷しても・・・羽生結弦が初のGPシリーズ2大会連続優勝」海外の反応

 

今回はフィギュアスケートについてです。
グランプリシリーズ第5戦のロシア(モスクワ)大会に出場している羽生結弦選手は朝の練習で右足首を負傷したのですが、構成を変えて出場して、167・89点を出し、ショートプログラムとの合計を278.42点となり優勝しました。

これが自身初のGPシリーズ2大会連続優勝となり、グランプリファイナル出場を決めました。
*医師の診断で「3週間の安静」なのでグランプリファイナルの出場は現段階では厳しいとのこと


「右足首を負傷しても・・・羽生結弦が初のGPシリーズ2大会連続優勝」海外の反応の続きを読む »»

 

スポーツ    コメント:5

「羽生結弦がロシア杯SPで世界最高得点の更新となる110.53点で首位」海外の反応

 

今回はフィギュアスケートについてです。
グランプリシリーズ第5戦のロシア(モスクワ)大会に出場している羽生結弦選手がショートプログラムで自身の世界最高得点を更新する110.53点を出し首位になりました。


「羽生結弦がロシア杯SPで世界最高得点の更新となる110.53点で首位」海外の反応の続きを読む »»

 

スポーツ    コメント:13

「大谷がア・リーグの新人王に選出!」海外の反応

 

今回はメジャーリーグについてです。
エンゼルス大谷選手はア・リーグの新人王に選ばれました。
日本人選手としてはイチロー選手以来、14年ぶりとなります。


「大谷がア・リーグの新人王に選出!」海外の反応の続きを読む »»

 

スポーツ    コメント:10

「紀平梨花がGPデビュー戦のNHK杯で逆転優勝!」海外の反応

 

今回はフィギュアスケートについてです。
グランプリシリーズ第4戦の日本(NHK杯)大会がGPデビュー戦の紀平梨花選手がフリーで154.72点を出し、ショートプログラム(69.59点)との合計224.31点となり、ショートプログラム5位からの逆転優勝しました。

GPシリーズデビュー戦での優勝は日本人初となります。


「紀平梨花がGPデビュー戦のNHK杯で逆転優勝!」海外の反応の続きを読む »»

 

スポーツ    コメント:15

「羽生結弦がヘルシンキGPで今季世界最高の297.12点で優勝」海外の反応

 

今回はフィギュアスケートについてです。
グランプリシリーズ第3戦のフィンランド(ヘルシンキ)大会に出場している羽生結弦選手がフリーで190.43点を出し、ショートプログラムとの合計297.12点となり、ショートプログラムに続きフリーと合計でも今季世界最高得点で優勝しました。

これでルール変更後の現段階で3つの世界記録が誕生したことになっています。


「羽生結弦がヘルシンキGPで今季世界最高の297.12点で優勝」海外の反応の続きを読む »»

 

スポーツ    コメント:9