海外の反応

海外の反応ジャーナル

 
 
 
 
 
スポンサード リンク
 

「ドンキーコングの各機種のバージョンを比較」海外の反応

 

今回はドンキーコングについてです。
ドンキーコングは1981年に任天堂が発売したアーケードゲームですが、その後、様々な機種に移植してます。

動画では各機種のバージョンがそれぞれ紹介されています。


 
スポンサード リンク
 



ドンキーコング - バージョン比較 (HD)




・ファミコン版の勝利だ。
アーケード版に最も近いから。


・4:11のやつは他のものと比べて当たったときの音が違うね。


・パソコン版のドンキーコングはものすごく怖ろしい。


・コモドール64版のドンキーコングはかなり漫画っぽい顔をしているから気に入ったよ。


・ファミコンディスクシステム版より前にファミコン版が出ていたことに驚いた。


・インテレビジョン版は死刑執行人から魔女を救っているかのようだね。


・正直、インテレビジョン版はアタリ2600よりさらに酷いものだと思った。


・アムストラッドCPC版とスペクトラム版のドンキーコングはちょっと難しそうだ。
ドンキーコングがすごく攻撃的だから。


・インテレビジョン版のドンキーコングはカエルだろ。


・ゲームボーイ版やスーパーゲームボーイ版はどうなんだろう?


・1:09のやつはドンキーコングと言えるのか?


・アタリ2600は人型のクッキーだろ。


・どのドンキーコングにも個性があるね。


・カードeリーダー版のは目が痛くなる。


・2:55のところ、マリオはナルトから逃げているかのようだ。


・12:10のはニンテンドー3DS/Wiiなの?
マジか?


・はっきり言って、ドンキーコングがこんなにもたくさんのバージョンがあるとは思ってもいなかった。
ちょっと良かったよ。


・このゲームをやっていていつもイラついていたことを覚えている。

 
スポンサード リンク
 

 

商品・道具    コメント:1

この記事に関連する記事一覧



コメント1件

  1. 匿名 より:

    ゲームウォッチも載せれよ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント